1. ニュース
  2. メーカー

KBSから2種類のウエッジ専用シャフトが登場!

メーカー 編集部

FSTジャパンは4月、ツアープロのフィードバックにより開発されたウエッジ専用シャフト『KBS HI‐REV2.0』と『KBS 610 WEDGE』の2種類(価格:両モデル共オープン)を発売した。

『KBS HIREV2.0』は、既存の『KBS HI‐REV』をさらに進化させ、よりスピンがかかり易くする設計にしたという。特に、距離の短いアプローチでのボールを止める力を向上させているとか。

ターゲットユーザーは、「スピンをより多くかけたいゴルファー」、「ラフからのアプローチが多いゴルファー」にオススメだという。

一方、『KBS 610 WEDGE』は、全体的に絞った設計によりスピンを抑え、低めの弾道でコントロール性を向上させたという。タフなコンディションで、ノックダウンショットをより安定的に打てるようになっているとか。

ターゲットユーザーは、「ウエッジにスピンコントロール性と安定性を求めるゴルファー」、「ノックダウンショットを安定させたいゴルファー」に特にオススメだという。

なお、『KBS HI‐REV2.0』のシャフト重量は、Sフレックスで、125g、長さ37インチ、トルク1.9。また、『KBS 610 WEDGE』のシャフト重量は、Sフレックスで、120g、長さ37インチ、トルク1.8となる。

両モデル共、KBS特有の高いパフォーマンス性能とスムーズなフィーリングを味わうことができそうだ。ウエッジのリシャフトを考えているゴルファーは、ぜひ一度試してみてほしい。

問い合わせはFST Japanへ、03~4455~9293。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本シャフト、役員選任のお知らせ

  • ジュピターテレコム、役員選任のお知らせ

  • 住友ゴム工業、組織改正及び人事異動のお知らせ

  • 高根カントリー俱楽部、小池武人氏が支配人を退任し、取締役に就任

関連記事

  • FST JAPAN、本社移転並びKBS GOLF EXPERIENCE TOKYO オープンのお知らせ

  • 高スピンの捲れる弾道『KBS TOUR グラファイトアイアン』永井プロ試打レビュー

  • KBSから初のカーボン『KBS TOUR HYBRID PROTOTYPE』

  • FST Japan 「KBS Tour105」を永井プロが検証!その評価は?

  • KBS Tourに中軽量バージョン新登場!

  • FST Japan 『KBS HI-REV2.0』と 『KBS 610ウエッジ』を永井プロが検証