• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • KBSから2種類のウエッジ専用シャフトが登場!

    編集部
    SNSでシェアする
    FSTジャパンは4月、ツアープロのフィードバックにより開発されたウエッジ専用シャフト『KBS HI‐REV2.0』と『KBS 610 WEDGE』の2種類(価格:両モデル共オープン)を発売した。 『KBS HIREV2.0』は、既存の『KBS HI‐REV』をさらに進化させ、よりスピンがかかり易くする設計にしたという。特に、距離の短いアプローチでのボールを止める力を向上させているとか。 ターゲットユーザーは、「スピンをより多くかけたいゴルファー」、「ラフからのアプローチが多いゴルファー」にオススメだという。 一方、『KBS 610 WEDGE』は、全体的に絞った設計によりスピンを抑え、低めの弾道でコントロール性を向上させたという。タフなコンディションで、ノックダウンショットをより安定的に打てるようになっているとか。 ターゲットユーザーは、「ウエッジにスピンコントロール性と安定性を求めるゴルファー」、「ノックダウンショットを安定させたいゴルファー」に特にオススメだという。 なお、『KBS HI‐REV2.0』のシャフト重量は、Sフレックスで、125g、長さ37インチ、トルク1.9。また、『KBS 610 WEDGE』のシャフト重量は、Sフレックスで、120g、長さ37インチ、トルク1.8となる。 両モデル共、KBS特有の高いパフォーマンス性能とスムーズなフィーリングを味わうことができそうだ。ウエッジのリシャフトを考えているゴルファーは、ぜひ一度試してみてほしい。 問い合わせはFST Japanへ、03~4455~9293。
    タグ
    KBS