• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 一度履いたらやめられない!?『アディパワーブーストBoa』って?

    編集部
    SNSでシェアする
    「従来、ミッドソールに使うEVA(塩化ビニール)でクッション性を出すというのがスポーツシューズの基本線でした。数年前、アディダスは全く新しいクッショニング技術を開発。『BOOST(ブースト)フォーム』がそれで、ランニングシューズを発売するやいなや陸上界を席巻。駅伝の青山学院大学の選手は10名中7名が愛用するほどで、瞬く間に大きな話題になったのです」 その技術をゴルフシューズに投入したのが『アディパワーブーストBoa』。オープン価格だが、実勢販売価格は約2万4000円。決して安くはないが、一度履くと病み付きになるという。 なぜなのか? テーラーメイドゴルフソフトグッズプロダクト松養栄峰マネージャーに詳しく話を聞いてみた。 「EVAアウトソール素材よりもはるかにクッション性、反発性に優れる「BOOSTフォーム」の製法は、TPU(サーモプラスチックウレタン)という硬質のプラスチック素材をポップコーンを作るように膨らませて、それを高圧蒸気成型で一体化。これにより、クッション性と反発力という相反する機能を実現する仕組み。換言すると、沈み込むほど反発力が増すということです。これは従来のEVAでは実現出来ない機能でした。また、TPUは熱や寒さの影響を受けにくいため、耐久性も非常に高く、EVAよりも長持ちするのも特筆すべき点でしょう」 この機能をゴルフシューズへどのように落とし込んでいったのか?  「『BOOSTフォーム』は歩行に重点を置いた促進機能でスタミナロスを抑制、集中力の低下を防ぎ18H回っても疲れにくい。縦方向へのパワー(推進力)を得ることに成功しました。ところが、ゴルフスイングは横方向の動きが重要になってきます。『BOOSTフォーム』は、その強いパワーを制御し、安定性をいかに確保するかがカギでした。そこで、サイドウォールの3ストライプとBoaダイヤルを連結させて足回りを包み込み、さらにヒール部へ拡張して踵をしっかりホールド。360WRAPの機能名の通り、まさに足全体のホールド感を追求しました。Boaダイヤルも刷新し、従来の一方向から反対側にも回せるようになり、ミリ単位の微調整が可能です。 ソールは、スパイクレスの爽快感とソフトスパイクのグリップ力を併せ持つ独自技術ソール「グリップモア」を導入。通常は一枚のラバーパーツを成型しますが、これはクリーツ形状のパーツを埋め込むため規格制限がありません。コストは上がりますが、圧力板によるスイング分析により生まれた独自のパターン採用には欠かせない技術でした」 ツアーでの評判も上々で、ローンチから僅か2ケ月でPGAツアー3勝、ヨーロピアンツアー1勝の計4勝を獲得していますね。 「彼らは練習ラウンドを含め、月曜から日曜まで毎日ゴルフシューズを履いています。はき心地やグリップ力はもちろん、スタミナ維持や疲れにくさに敏感に反応している証といえるでしょう。なかでもB・スネデガーやP・クリーマーは気に入ったシューズを長く愛用しますが、二人とも直ぐに『アディパワーブースト』へ移行しました」 どのようなゴルファーへお奨めしたいですか? 「販売員の方には、ラウンド数の多いゴルファーをはじめ、膝や腰に不安のある方へ是非推奨してほしいですね。上がり3ホールの疲れ方が断然違ってくると思います。昨今、Boaダイヤルを採用するメーカーが増えましたが、ゴルフシューズの概念を一新する差別化された商材が『アディパワーブーストBoa』。一度足を通していただければ、納得頂けると自負しています」  ■アディパワーブーストの仕様 重量(片足)400g(25・5㎝)▽サイズ24・5㎝~28・0㎝▽ラスト:ツアーパフォーマンスワイドラスト(EEE)▽素材:甲/人工皮革・合成樹脂、底/合成樹脂▽価格:オープン 商品のお問い合わせは、テーラーメイドゴルフ 0120-558-562
    タグ
    テーラーメイド
    アディダスゴルフ