• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 「PGA会員専用」の求人情報はこちら

    FHDのゴルフシミュレーター『3D BIGBAN』

    編集部
    SNSでシェアする
    電子応用機器、ゴルフシミュレーターの製造販売を手掛けるスリーディはこのたび、フルハイビジョン(FHD)を搭載した次世代ゴルフシミュレーター『3D BIGBAN』を発売した。 同製品は、高速度カメラセンサー2台を採用し、ボールスピード、ヘッドスピード、打出し角、方位角、バックスピン、サイドスピンを計測。そこから、ボールキャリー、トータル飛距離、ボール最高到達点、ヘッド軌道などを導き出してくれるという。 発売は昨年12月で、すでに4店舗計22台を導入している人気シミュレーターだとか。価格は本体、カメラセンサー、プロジェクターなど、必要な物がすべてそろったフルパッケージで580万円(設置費用込み)と高額商品だが、発売を記念して現在、キャンペーンを実施中。今夏まで298万円で提供しているという。同社の新井容徳社長は次のようにコメント。 「一番のウリは何といっても、FHDを採用した綺麗なグラフィックでしょう。従来品の約3倍解像度が高くなっています。とにかく、シミュレーションとは思えないほどのリアル感、まるで実際のゴルフ場にいるかのごとく、プレーを楽しむことができます。ぜひ一度お問合せください」 機能面を紹介すると、同製品には世界の実在する55コースをプレーできる「ラウンドモード」、ゲーム機能として「ドラコンモード」「ニアピンモード」が付いており、そのほか好きなだけボールが打てる「レンジモード」を搭載。新井社長によれば、 「特にこの『レンジモード』では、高精度カメラ2台を使用した『スイング分析』が可能です。正面と後方の2アングルから撮影し、撮影した動画には印や線を自由に描くことができます。レッスンでも使えるので、遊びだけではなく、さらに用途の幅が広がりました。最近では、個人のお客様が購入するケースが増えており、リタイアしたお父さんが、息子や孫を家に呼んで一緒にゴルフを楽しみたいという要望が多いですね」 なお、同製品はネットワーク対戦も可能だから、導入店舗同士でネットワーク大会などを開催するのも面白いかもしれない。 同社は、今年の「スポルテック」や来年の「ゴルフフェア」にも出展の意向を明らかにしているから、気になる販売店や個人ユーザーは足を運んでみてはいかが? 問い合わせはスリーディへ、03~5709~2380。
    タグ
    ゴルフシミュレーター
    シミュレーター
    スリーディ
    デジタル