1. ニュース
  2. メーカー

芹澤・藤田プロのこだわり満載!『SUSAS WIS.』デビュー

メーカー 編集部

『SUSASグリップ』を発売するTMCエンタープライズは今年3月、同社製品の販売会社となる株式会社SUSASを設立した。

その結果、TMCエンタープライズがメーカー、SUSASが販社という新組織で動き始めた一方、5月中旬に新たなモデルをデビューさせた。それが『SUSAS WIS.』だ。

同社は芹澤信雄プロ、藤田寛之プロと使用契約を結び、アスリートモデルに集中した製品展開を図っている。そのポリシーに則り、芹澤・藤田プロの仕様モデルを『SUSAS WISDOM』、両プロの監修モデルを『SUSAS PRO』と位置づけたが、今回、『SUSAS PRO』と同素材を使いホールド感はそのままに、細めのフォルムに仕上げたアスリートモデル『SUSAS WIS.』を投入したのだ。

ラインアップは、ベストなフェースアングル出しを可能にするというバックライン有の芹澤プロ監修モデル、グリップ時のストレスを軽減するというバックライン無の藤田プロ監修モデルの2タイプ。それぞれ精悍なブラックと軽快なネイビーの2色展開だ。

芹澤・藤田プロのこだわりが色濃く反映された注目のモデルだが、早速、「永井セレクト・今月の注目商品」でお馴染みの永井延宏プロにテストをお願いした。

「全体的にしっかりしたホールド感がありますね。やや細めに仕上がっていますが、テーパーがきつくないのでシャフトを握っているような違和感がありません。素材の良さで心地よく握れる。アスリート好みといえるでしょう。芹澤・藤田、両プロの監修モデルということですが、そのこだわりがすごく伝わってきます。まず、芹澤プロ監修モデルですが、バックラインがしっかり入っているので、グリップと身体の中心軸となる背骨がリンクしやすい。芹澤プロは軸をしっかりさせて、その場でクルッと身体を回すスイングですから、こういうタイプが好みなのがよく分かります。身体の回転を上手に取り込んで安定したショットを打ちたいアスリートは、一度使ってみる価値がありそうです。

一方の藤田プロ監修モデルですが、藤田選手は身体の回転軸を使ってスイングするというよりも、右から左への体重移動を上手く使ってスイングするタイプです。こういうスイングをする人は、インパクトで手を目標方向に出す、いわゆるハンドファーストで打ち抜きたいタイプなので、バックラインの無い方がイメージを出しやすい。ラインを上手く出したい上級者などが使うと、その効果を実感できるでしょう」

スイングタイプや打ちたい弾道に合わせて選べるカスタマイズ性の高い商品でもあるので、自分好みのクラブを欲する顧客の多い工房にとっては、コンサルティングしながら販売できる提案商材としても魅力的だろう。


〇硬度:50度、〇重量:50g±1g、〇推奨口径:60、〇エンドキャップ:バックライン有=白、バックライン無=黒、ダークブルー、〇価格:1800円+税

なお、同商品の問い合わせは、SUSAS(03-6233-9800)まで。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 藤田寛之も驚く新契約選手5名の顔ぶれ プロ戦略加速で一気呵成のヤマハ

  • タバタ、折りたためる画期的な機能ティー『ポケッティー』発売

  • 藤田寛之、5部門受賞!

  • ヤマハ初の賞金王誕生

  • 『インプレスX』が5戦3勝

  • タイトリストVG3Cが3月デビュー