• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • バンカーやラフも楽々!革新的なウエッジが誕生

    編集部
    SNSでシェアする
    ポートウィックは先頃、バンカーや深いラフからの脱出に最適な『ザ・ウエッジ バウンスマジック S‐58』(価格:2万円)を発売した。 『ザ・ウエッジ バウンスマジック S‐58』は、ダイワUSA時代にストロングロフト設計やショートホーゼル設計を考案したTOM金沢氏(現アメリカプロコーチ)と同社が2年間の開発期間を経て製品化したウエッジだという。 同製品のコンセプトは、"オープンスタンスもオープンフェースもいらない ソールがすべての仕事をしてくれる"というもので、上級者からアベレージゴルファーまで、オールマイティに対応。プロや上級者にも好まれるフェースデザインを持ちながら、独自のソール形状が砂を弾き、驚くほど簡単にバンカーからの脱出が可能だという。その秘密は、軽い力で強い爆発力を生む重めのヘッドやバウンス形状にある。 同社によると、バンカーショトでは、フェースを開かなくてもしっかりとバウンスが砂を弾き、砂をすべるように動くので"パン"という音とともにボールがフワリと上がる感覚が味わえるとか。 また、アプローチでもバウンスが芝をすべり、多少ダフリ気味でも大きなミスになりにくく、深いラフからでも簡単に脱出できるウエッジに仕上がったという。 ラインアップは、35インチで『N.S.PRO950』装着の男性用と34インチで『N.S.PRO750』装着の女性用を用意。ロフトは58度で、バウンスは12.5度となる。グリーン周りが苦手なゴルファーにとってはお薦めの商材になるかも知れない。 問い合わせはポートウィックへ、042~497~4166。
    タグ
    ウエッジ
    ポートウィック