• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 苦節11年、ミズノMPボールが初V

    編集部
    SNSでシェアする
    ミズノ契約の手嶋多一プロがこのほど、同社主催の「~全英への道~ミズノオープン」(5月28日~5月31日、岡山県JFE瀬戸内海GC)でホストプロでは29年ぶりとなる優勝を遂げた。 また、3位には同社契約の富村真治プロが入り、手嶋プロと共に全英オープンの出場権を獲得した。 今回の手嶋プロの優勝は、ミズノにとってホストプロの優勝というだけでない。05年にボール市場に参入して以来、5大陸ツアーでは初のミズノ製ボールでのツアー優勝となった。 ボール市場参入から11年越しのツアー優勝に関して、企画生産課の玉越将志氏が次のようにコメントしている。 「手嶋プロにはボールの開発スタート時から一番長く関わってもらっており、今シーズンは継続して使用していただいていた。結果を出していただき、企画担当者としても非常にうれしく思っています。ただ、あくまでもスタート地点で、これからが勝負ですね。『MPボール』と共に世界で戦う手嶋プロの姿を楽しみにしています」――。 手嶋プロは優勝について、次のように語っている。 「今シーズンから使用している『MPボール』は打感がよく、ドライバーの飛距離も伸びている。今回、パターとのフィーリングも合うことで優勝できた。ミズノのボールで優勝できて本当に嬉しい。全英オープンでも、このボールでひと暴れしてきます」 05年、ミズノは『クロスエイト』でボール市場へ参入。同年のミズノオープン初日の6月23日に販売を開始している。当時、創業100周年に向けたフラッグシップ事業の位置づけでもあった。苦節11年。当初の計画である"5年後に50万ダース"は達成されておらず、長い間辛酸をなめてきた。だからこそ、スタート地点。全英での『MPボール』の活躍と市場での販売への影響も期待される。 商品の問い合わせはミズノへ、0120~320~799。
    タグ
    ミズノ