1. ニュース
  2. メーカー

ホンマ流”お・も・て・な・し”で世界22ヶ国を包囲せよ!

メーカー ムービー 本間ゴルフ 編集部
150609_honma

「我々は『ツアーワールド』の成功により、将来のグローバル戦略に大きな自信をもっています。経営陣一同、本間ゴルフのブランド価値を一生懸命高めていきます。皆さんと一緒になって世界1位を目指し、利益を分かち合い、みんなで笑顔になりましょう」(西谷浩司社長)――。
 
本間ゴルフは6月上旬、世界22ヶ国の販売代理店や報道陣など約100名を集めた「グローバルパートナーズミーティング」を行った。そのスケジュールが超ハード。

2泊3日の行程で、初日は山形県・酒田工場で歓迎セレモニー(8時30分)→工場見学→庄内空港出発(正午)→羽田空港着(14時)→リムジンバス4台で六本木アカデミアヒルズへ移動後、戦略説明会→新木場ディナークルーズ(19時)→解散(21時30分)。

翌日は太平洋クラブ御殿場コース(静岡県)で試打ラウンドを行ったため、都内ホテルでの起床は早朝5時。これらに費やした総予算は数千万円と見られている。むろん、同社の劉建国会長も中国董事長らを引き連れ来日。次のように意気込みを語った。

「当社はアジア市場で地歩を固めてきましたが、今回は世界戦略を加速するために核となる酒田工場をアピールする絶好の機会と考えました。各国の代理店にはメディアの帯同もお願いしましたが、彼らは工場に入るやいなや、驚いてました。今後注力する国ですか? 世界市場に打って出ますが、まずは北米市場でしょうね」

その米国からは量販店最大手ワールドワイドゴルフショップのリック・パウエル副社長が来日、こんな感想を漏らしている。

「今回、匠によるきめ細かなものづくりを初めてみました。米ブランドとの大きな違いは歴史ですね。ホンマには同じ仕事に長年従事する匠がいて、チームワークによる生産工程にも驚きました。ホンマは北米で売れるのか? 製品力があるからイエスです。わたし自身、テストセンターで打って性能も確認できたので、自信を持って販売していきます」

北米市場に対しては、7月に低価格帯で専用モデルを投入。また、韓国ではフィッティングスタジオを立ち上げるなど、各国の市場特性に合わせたマーケティング戦略を実行する。ホンマ流の”お・も・て・な・し”が世界に認められるか? 今回の超ハードな世界会議が試金石になる。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

150609_honma

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • コーヅゴルフ、店舗移転のお知らせ

  • 株式会社フラッグ、事業譲渡並びに商号変更に関するお知らせ

  • IOMIC、人事異動のお知らせ

  • アジルパートナーズ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • ツアープロの要求に応えた高い完成度「T//WORLD TR20 B アイアン」

  • 本間ゴルフ『TW-X、TW-S』コスパ抜群のツアー系ウレタンボールを徹底検証

  • モノ&コトで挑戦するラグジュアリーブランド 本間ゴルフ『BERES』

  • 本間ゴルフ『XP-1』ドライバーのミート率を3球連続打ちで検証する

  • 本間ゴルフ菱沼副社長インタビュー:カジュアルゴルファーに向けた「XP-1」の狙いとは?

  • 【ミート率アップを検証】本間ゴルフ『XP-1』ドライバー3球勝負の結果は?