1. ニュース
  2. メーカー

プロト会員向け商材、『プロトタイプ』が益々充実

メーカー アキラプロダクツ 編集部

アキラプロダクツは8月中旬、プロト会員向け商品「PROTO TYPE」シリーズから、プロトタイプウエッジの『H‐158WSⅡ』、『TV‐156』を発売する。

続けて9月上旬には、プロトタイプFWの『M‐5FW』シリーズの投入も開始。これらは、すべてヘッドパーツ販売のみで展開するというから、工房店主は朗報といえるだろう。

まずは、『H‐158WSⅡ』から紹介しよう。同モデルの前身である初代『H‐158WS』は、契約プロである久保谷健一選手の要望から生まれたウエッジ。

2011年の全米オープン出場時に使用していたモデルだから、ご存知のムキも多いはず。これをベースに、「もっと楽にバンカーから出したい」「ザックリミスを軽減したい」「安心感の湧くデザインで、シャープ感がほしい」という要望を具現化したのが『H‐158WSⅡ』というワケ。

テストしたプロの評価では、「ソールが滑ってくれてアプローチがやさしく感じる」「アプローチでのザックリが怖くなくなった」など、高評価を連発。

前作と比較すると、リーディングエッジが丸みをおび、ソール形状をワイドソールながらもローバンスにしたことが挙げられるが、ネック形状に関してもストレートからセミグースを採用。その結果、ボールをやさしく包み込むイメージが湧きやすくなったという。ロフトは58度、本体価格は1万4000円となっている。

続いて紹介するのは、昨年発売した『TV‐150』のロフト56度バージョン『TV‐156』ウエッジ。

同モデルのネーミングでもある「TV」は、ツアーバンの意で、ツアー会場でプロなどと情報交換をするなかで、そのアイデアをカタチにしたシリーズ。

元々、50度(TV‐150)を使用中のユーザーは待望のニューモデルといえるが、昨今流行のハイロフトアイアンを使用しているゴルファー、58度だとどうしても飛距離がカバーできない、といったゴルファーにもオススメの商材といえそうだ。本体価格は1万4000円となっている。

そして最後に紹介するのは、『M‐5』シリーズのドライバーの飛び・やさしさを継承したFW『M‐5FW』。

同FWは構えたときに安心感を与えるセミラージヘッドを採用。さらに、吹け上がりを抑えるディープフェース設計を採用している。安定したインパクトをむかえられる重心深度設定という触れ込みで、且つソール部の2ヶ所に配されたウエイトビスの調整も可能。

より、自分に合ったセッティングが可能になっているという。ロフトは15度(M‐515)、18度(M‐518)の2タイプを用意。本体価格は各2万8000円となっている。

やさしくボール上げたい、飛距離もほしい、方向性も安定させたい、そんなワガママゴルファーの願いを叶えるFWの誕生といえるだろう。

問い合わせはアキラプロダクツ(営業本部広報課)へ、03‐5652‐4500。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • AKIRA GOLF 2016 – アキラプロダクツWebカタログ

  • 原点回帰の『プロトタイプH‐6』ドライバー

  • 非公認高反発ボール『LD‐400』で大きな飛びを!

  • プレーヤーの技術を活かす『プロトタイプウエッジ』

  • 精悍なカオつき、カスタム専用の『ADRストロングブラック』

  • アキラプロダクツ プロの要望をカタチにした『KS‐601』