1. ニュース
  2. メーカー

ピン、『i』と『G』の最新アイアンを発表

メーカー ピンゴルフ 編集部

ピンゴルフジャパンは9月4日、操作して狙う中高弾道アイアン『i アイアン』、高さで飛ばす超高弾道アイアン『G MAX アイアン』の2機種を発売する。

まずは、『i アイアン』から紹介しよう。同モデルは、iシリーズ初となる、軽量431ソフトステンレスをフェースに採用。インパクト時に心地よい打感を生み出すという。また、バックフェースには、エラストマー素材の新型CTPを低く配置したことで、最適箇所への重量配分を可能にしたという。同社の安齋伸広マネージャー(プロダクトマーケティング)によれば、

「その結果、当社調べで前作比約10%深い重心位置となり、シャープなルックスに加えて、どの番手でも中高弾道でグリーンを狙えるアイアンが誕生しました」

さらに、各番手にはプレーヤーが求める機能を凝縮。3番から7番アイアンには、トウ側に配置したタングステンウェイトにより、ミスヒットに強く、どんな距離からでもグリーンを狙える寛容性を持たせた。安齋マネージャーが続ける。

「それだけではありません。ショートアイアンは、少ないオフセットと長めのホーゼル設計により、弾道と飛距離コントロールを重視した操作性能を追求しました」

同社によれば、特に契約している女子プロたちが、すでに同アイアンをシーズン中にも関わらず、使用し始めているという。先日行われた「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」では、契約プロの前田陽子選手が同アイアンを使用し、見事優勝を飾る吉報が舞い込んだ。発売前に製品の高性能ぶりをアピール。前景気を煽る絶好のPRとなった。

番手は3Iから9I、PW、UWの9種類を用意。スチールシャフト装着モデルの本体価格は、1本1万8000円。オリジナルカーボンシャフト装着モデルは、同2万1000円。左用もすべて用意していることも、選択肢の少ないレフティーゴルファーに嬉しい配慮といえるだろう。

続いて紹介するのは、Gシリーズのサブブランドとして位置づけられる『G MAX アイアン』。同アイアンには、最大初速を可能にする革新的な「コア・アイ・テクノロジー」を初搭載。これにより、インパクト時のフェースのたわみが約2倍となり、初速アップの効果をもたらしてくれるという(同社調べ)。

「その結果、理想的な超高弾道となり、当社史上最大の飛距離性能を実現しました。また、フェース後方部分に新しく配置された深低重心エラストマーCTPにより、超高弾道が可能になりました。さらに、約17%も重心を深くすることで、ミスヒットを最小限に抑えた高MOI設計を採用。4番から7番のロングアイアンは、右へのミスを抑制する軽量スイングウェイト設計を採用。インパクト時にフェースをスクエアに戻し、初速アップ&直進性が向上します。ぜひお試しください」(安齋マネージャー)

同モデルの番手は、4Iから9I、PW、UW、SWの9種類を用意。スチールシャフト装着モデルの本体価格は、1本1万6000円、オリジナルカーボンシャフト装着モデルは、同1万9000円になっている。無論、こちらのモデルも左用を用意。

同社の特徴として、アイアンに関しても1本ずつ購入することが可能だから、ロングアイアンは『G MAX』、ミドル以下を『i アイアン』なんて選び方を提案するのも、ひとつのセールストークとして面白いだろう。

「飛ばせる高さは、狙える高さだ」というコンセプトのニューモデル。一度試してみる価値がありそうだ。問い合わせはピンンゴルフジャパンへ、03‐5916‐1812。

なお、同社新製品記者発表の模様は、近日、動画ニュースにて掲載する予定。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 10年で売上10倍のピン岡田副社長「弱点のレディスに本気です」

  • PING 2019 SPRING & SUMMER – ピンWebカタログ

  • ピンの『G410PLUS』は何がプラスされたのか?

  • 音は「トゥん。」? ピンが打音こだわった新パター『SIGMA(シグマ)2』を発表

  • PING 2018 SS – ピンゴルフWebカタログ

  • ピンG400MAXドライバーを永井プロが試打検証