1. ニュース
  2. メーカー

キャスコ、斬新な『TARO』の限定カラー投入

メーカー キャスコ 編集部

キャスコは10月2日、独自素材「鍛造スーパーハイテン」を使用し、浅・低重心設計で力強い弾道とビッグキャリーを生み出す『ビッグスーパーハイテンTARO(タロー)』から、限定カラーのドライバー2色を発売する。

限定カラーは、気持ちを落ち着かせる効果があるという「ソアラブルー」と、集中力を高める効果があるという「ブロッサムイエロー」の2色を用意。

同ドライバーは、球を上がりやすくした一般的な深重心設計ではなく、重心を浅く、低く設計したモデル。その結果、スイートスポットよりも上のエリアが広くなり、縦方向のギア効果によって、余分なバックスピンを抑制するという。

また、同モデルはフェース面全体で浅重心設計を採用したことで、重心軸と重量部分が遠くなり、高慣性モーメントを実現。オフセンターヒット時にもブレが少なく、方向性が安定するという。

さらに、ヘッド重量は203gという重ヘッドを採用。ヘッドが重たくなることで、インパクト時の衝突エネルギーが増加し、ボール初速がアップ。ヘッドクラウン部分には、ターゲットラインを施し、アドレス時の構えやすさを演出。こちらも方向性安定に一役買っているといえるだろう。

ロフトラインアップは9度、10.5度の2機種で展開。シャフトはオリジナルの「TR‐14D」(フレックスS、R)のみで展開するという。

性能的には、スピン量が多く、吹き上がってしまい飛距離ロスをしているゴルファーがターゲットといえそうだが、「ほかの人とは被りたくない」、「自分のラッキーカラーが青、黄色だ」というゴルファーからも支持を集めそう。

さたに、同社は9月5日、もっと飛びとコストを重視する『KIRA★STAR(キラ・スター)』のニューカラーを発売する。同ボールは、高い反発性能とフィーリングの向上を実現した、コストパフォーマンスに優れた2ピースボールとして好評を博しているシリーズ。

今回新色として投入されるのは、ホワイト、レッド、アクアの3色。従来のイエロー、オレンジ、ライム、ピンクの4色と合計して計7色で展開する。

構造的には、紫外線に反応し、輝度が上がる「高輝度KIRAカバー」を採用。ディンプルは、「高弾道ディンプル392」を採用し、すべてのボール初速領域・スピン領域において、安定した弾道を実現するという。さらに、従来モデルよりコアを8%大きくし、高い反発性能とフィーリングアップを実現。これだけこだわった『キラ・スター』、価格はオープンだが、店頭の参考売価3000円前後(1ダース)ということを考えれば、かなりコスパに優れたボールといえるだろう。

自分で使うもよし、コンペ賞品として使ってもよし、対応ヘッドスピードも全領域となっているので、女性ゴルファーが使ってもよし、といったように、同モデルは、様々なシチュエーションで活躍しそう。

問い合わせはキャスコへ、0120‐371‐562。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • キャグ、事務所移転のお知らせ

  • 五浦庭園カントリークラブ、中島篤志氏が代表取締役会長に就任

  • 東松苑ゴルフ倶楽部、中島篤志氏が代表取締役会長に就任

  • UKKインダストリー株式会社、清水定次代表取締役社長が逝去

関連記事

  • キャスコ、役員選任のお知らせ

  • キャスコ、役員選任のお知らせ

  • Kasco 2018 – キャスコWebカタログ

  • 「開発に4年!」杜仲茶のボールを開発したキャスコ高橋社長の意気込み

  • キャスコが産学共同開発 杜仲茶の原料で作ったボール『BIO SPIN -TOCHU-』を発表

  • Kasco 2017 SS – キャスコWebカタログ