1. ニュース
  2. メーカー

予選会での『ツアーワールド』使用率3割超

メーカー 本間ゴルフ 編集部

本間ゴルフは国内男子ツアーの新規大会「本間ツアーワールドカップ」(10月8~11日、石岡GC、茨城県)をアコーディア・ゴルフと共催で行うが、本戦への出場権を争う予選会のアマチュア出場枠を30名まで拡大。

その結果アマ3名、プロ10名が本戦に進めるもので、大会を熱意系の囲い込みに活用する。

アマ予選会を全国4地区(北海道、東日本、西日本、九州・中四国)で行い、ゴルフ専門誌を中心とした出版社主催のアマ競技にも出場権を与えている。

「『ツアーワールド』のブランドミッションは、熱意系の声に応え続けること――。トーナメントでのプレーの可能性を高めることで、真摯にゴルフと向き合い、モチベーション向上にもつながると考えています」(西谷浩司社長)

ところで、予選会におけるアマの出場枠は全体の10%以内、つまり70名なら7名しか認められていなかった。一連のアマ枠拡大は、ホンマの熱意に日本ゴルフツアー機構が譲歩した格好だ。

7月21日に開催された東日本大会(習志野CCキングクイーン、千葉県)には高校生から60代まで幅広い層が参加。74で3位入賞、マンデー出場を決めた神奈川大学ゴルフ部の榎本翔太選手(19、画像右)が次のように話す。

「本選出場を機に攻略法や気持ちの切り替え方をプロから学び、自分のレベルを高めたいです。試合だからこそ、培えると思うんです」

それはともかく、伊藤康樹常務によれば同予選会における『ツアーワールド』の使用率は、

「3割を超えました。49名のアマに使用クラブを調べて明らかになったのです。特にTWウエッジの愛用者が多く、我々も驚いているんですよ。『VIZARD』シャフトもオレンジやパープルなどゴルファーが個性に合わせて選んでいる。その様子が見られたことも収穫でしょう」

実際、『TW727』シリーズは前作比で187%(本数ベース)の売れ行きと好調だ。同社は今後、トーナメントの開催に合わせて販促強化を打ち出すほか、大阪にフィッティングセンターを開業。全直営42店舗にエプソンの測定器「Mトレーサー」を導入するなど矢継ぎ早の施策を打つ。

年末には新ブランドの投入も決定。これはズバリ『ゼクシオ』対抗を掲げるもので、ゼビオ専用のPB商材だった『LB』シリーズもこちらへ統合されるもよう。ホンマが、熱い。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 藤倉コンポジット、役員選任のお知らせ

  • 朝日ゴルフ 2019 Webカタログ

  • YAMAHA GOLF CATALOGUE 2020 – ヤマハゴルフ Webカタログ

  • アルペン、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 【ミート率アップを検証】本間ゴルフ『XP-1』ドライバー3球勝負の結果は?

  • ツアーワールドXP-1で開発一新 短尺でも飛距離が伸びる仕組みを動画で説明

  • 『ゼクシオ』初の飛び系アイアン『クロス』は他社の急所を徹底研究

  • 本間ゴルフと契約のジャスティン・ローズ 14日に会見

  • 本間ゴルフ『TW747』ドライバー・アイアンを試打しました!

  • ゼロ スリクソンで開発一新 ゼクシオとの切り分け術を動画説明