1. 15年上半期の主要ゴルフ用品販売は4%減

15年上半期の主要ゴルフ用品販売は4%減

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 96 Views

これによれば、今年前半の小売販売額は665億円(前年比4%減)で、昨年同時期(696億円)に比べて31億円のマイナスだった(図1参照)。その理由を同社の大槻琢也アシスタントマネージャーは、

「ボール、用品類は好調でしたが、市場規模の6割を占めるクラブが春商戦でのヒット商品不足により、前年比8%減(446億円→409億円)になったことが原因です」

150903K5.jpg
クラブ売上の26%を占めるドライバーが10%減、16%を占めるFWが13%減、23%を占めるアイアンセットが11%減と、軒並み二桁ダウンに苦しんでいる。ただし、初心者向けなど廉価版の「セット物」は21%増と唯一のプラス成長を遂げた(図2参照)。クラブ市場における構成比は3%と小さいが、

「最近は男性向けの需要が高まっています。今年上半期の男性向け『セット物』の販売構成比は46%で、女性向けを4ポイント上回った。これまでの女性向けエントリーモデルという位置づけが変わってきた。男女共セットの平均価格は5万円台ですが、7万~8万円台でも品質・デザインが良ければ売れるでしょう」

実際、クラブセットのラインアップは年々拡充し、15年上半期に販売実績のあったモデル数は前年同期から17%増加しているという。

また、用品類の5割を占めるゴルフシューズでは、ダイヤル式の販売が増加したことで、金額規模の拡大につながったという。

「今年上半期は数量ベースで前年比7%減でしたが、金額ベースでは4%増(56億円→58億円)でした。これは、平均価格がシューレース式の約1.7倍と高いダイヤル式の販売が増加したことが要因です」

150903K6.jpg
ちなみに、この上半期のダイヤル式シューズの数量構成比は昨年通期の45%(シューレス式54%)から17ポイント拡大して62%(シューレス式は37%)を占めるまでの人気ぶりだ(図3参照)。

今回の調査では、「セット物」やシューズ市場における新たな動きが見て取れた。専門店が戦略を練る際の参考にしてほしい。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • スパイクレス、軽量バッグなど新たな訴求軸が市場をけん引