1. 「TourAD」ニューモデルは、ターコイズブルーの『GP』!

「TourAD」ニューモデルは、ターコイズブルーの『GP』!

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 100 Views

同シャフトは、先端部高剛性により、オフセンターヒットにも負けない設計を採用。手元(グリップ内)の剛性を上げることにより振り遅れを防ぎ、グリップ下から中間部にかけてのしなりを感じるシャフトに仕上がっているという。

また、シャフトの挙動が安定するため、パワーがダイレクトにボールに伝わり、その結果、初速アップが望めるという。強弾道で大きな飛距離を実現できるという触れ込みだ。同社広報担当の鈴木亮太課長が、『GP』の特徴について説明する。

「昨今、ヘッドとボールは飛距離追求から低スピン傾向にあります。安定したインパクト、安心して強く振れるクラブにすることで、その低スピン性能を存分に活かすことができるというワケです。ですから、『GP』は従来モデルの中で比較しても、かなり先端部分の剛性を高め、且つ長めに設定したモデル。その結果、オフセンターヒットに強く、ヘッドが暴れないため、フェースでボールを押していく感触が得られるシャフトに仕上がっています。操作性、コントロール性にも優れたねばり系シャフトです」

ちなみに、気になるモデル名の由来だが、「GP」は「Great Performer」の略。ラインアップは重量帯別に『GP5』(R2、R1、S)、『GP6』(SR、S、X)、『GP7』(S、X)、『GP8』(S、X)の4機種10タイプを用意。本体価格は1本4万円となっている。

問い合わせはグラファイトデザインへ、0494‐62‐1170

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • アッタス史上初の「軽硬」を採用。ボール初速とつかまりを最大化したATTAS CoooL(アッタスクール)

    • エネルギー溢れるEVO Ⅳ 安心して叩けるシャフト『Speeder EVOLUTION Ⅳ』

    • 精悍なマットブラック 『PT』と『DI』の遺伝子を受け継ぐサラブレッドが誕生。グラファイトデザイン TOUR AD IZ

    • HS37m/s以下限定で30ヤードアップ? 軽量シャフト研究から生まれた『ラフィーナ』

    • 『MODUS3』ユーザー必見 『Regio』との理想の組み合わせ『N.S.PRO MODUS3』 &『N.S.PRORegio Formula』

    • 飛びにこだわるアスリートへ 「次世代の赤」誕生。三菱ケミカル Diamana RF