1. 沼沢雄二氏設計パター、「アームスゲイン」登場!

沼沢雄二氏設計パター、「アームスゲイン」登場!

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 132 Views

80年代初頭、ツアープロの9割が沼沢氏の制作したクラブを使用していたこともある伝説的なデザイナー、沼沢雄二氏が今回、約10年ぶりに新作を発表。同製品は「優れたクラブは美しい」という独自の沼沢哲学が具現化したパターに仕上がっているという。

形状にはベーシックなトゥヒール型を採用しながら、ヘッド各部の形状と比率、重心深度、ロフト・ライ角との関係を総合的に見直し、無駄のない絶妙のバランスを実現。ストロークの際にヘッドの理想的な回転運動が生まれ、カップインの確率を向上させてくれる。

またフェース面には、独自の「フェースダブルスピン加工」を採用。ボールとの接触面積を増幅し、打感を向上させるとともに、パッティングの際、パターから発する周波数が高くなるため、距離感を向上してくれるそう。さらにバックフェース側に施された「ヘッドバックトゥヒール切削加工」は光の反射を分散し、スクエアなセットアップをもたらしてくれる。

素材には船舶の船体部分などに使用される軟鉄「SM‐490A」が使用されている。これにより非常に軟らかく、芯のある打感を楽しむことができる上、フィーリングも抜群。これらの特徴により、”美しくカップインする”高機能パターに仕上がっている。

名匠、沼沢雄二氏の30年にも及ぶパター研究の末に設計された同製品。美しい形状と高い性能を味わってみてはいかが?

問い合わせはベンチャーズアリーナへ、042~595~7201。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 賞金女王もスイッチ? 鈴木愛も認めた飛び系『G700アイアン』

    • テーラーメイド 飛んで曲がらない新製品『M3』『M4』を発表

    • 技術は継いだが「後継ではない」 キャロウェイ庄司副社長が『ローグ』を語る

    • 「開発に4年!」杜仲茶のボールを開発したキャスコ高橋社長の意気込み

    • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!

    • 朝日ゴルフ用品が「神戸ゴルフ総合研究所」を設立。その役割とは