1. ニュース
  2. メーカー

ヤマハは新生『RMX』の船出でフルモデルチェンジ

メーカー 編集部
150927_yamaha

ヤマハは10月23日、『RMX(リミックス)』の2016年モデルを発売する。これまで『インプレス』ブランド傘下で展開してきた『RMX』が、ブランドとして独立。今回はそれに伴い、ブランドラインアップのフルリニューアルを敢行した。

新製品の発表に先立ち、同社ゴルフHS事業部の田嶋良平事業部長は力強く宣言。

「『RMX』は『インプレス』ブランドに別れを告げ、商品サイクルを2年にし、新たなブランドとして再スタートを切ります」――。

“最大飛距離は作るしかない”というブランドコンセプトは変わらず、ドライバーについてはヘッド2種(「RMX116」「RMX216」)とシャフト(4種)が別売り。新たな『RMX』のドライバーヘッドは初年度3万個(前年比20%増)が目標で、シャフトは3万5000本(同17%増)が目標となる。

新生『RMX』の船出には藤田寛之、谷口徹の両契約プロもかけつけ、会場に華を添えた。

動画ニュースでは先ごろ行われた新製品発表会及びの模様を収録している。

なお、同社では発売に際し、「無料シャフト交換キャンペーン」や豪華非売品グッズが抽選で当たる「RMXデビューキャンペーン」の実施を予定しているとのこと。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

150927_yamaha

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • ゴルフR&Dセンターを立ち上げたヤマハ「やりたいことをすぐカタチに」

  • 飛びに方向性をプラスした「インプレスUD+2」2021モデル

  • YAMAHA GOLF CATALOGUE 2020 – ヤマハゴルフ Webカタログ

  • 永井花奈 RMXのクラブで「11勝します(笑)」ヤマハとの契約で超強気

  • 藤田寛之・有村智恵・福田真未らとラウンドできる! 「ヤマハ ゴルフ ファンサミット」レポート

  • ヤマハ『インプレス UD+2』を購入するとプレー券が当たるチャンス