• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • アン・ソンジュ、ヨネックスのカーボンシャフトで史上最速20勝目を達成

    編集部
    SNSでシェアする
    11月6日~8日までの日程で行われた、米女子プロゴルフツアー協会公式戦「TOTOジャパンクラシック」(近鉄賢島カンツリークラブ/三重県)において、ヨネックス契約のアン・ソンジュが並みいる日米ツアーの強豪たちを抑え、逆転優勝で今季2勝目を飾った。付け加えれば、今回の勝利で同選手は、ツアー参戦から147試合目という史上最速での通算20勝を達成、生涯獲得賞金7億円突破という快挙を成し遂げた。 最終日、2打差の3位からスタートしたアン・ソンジュは、今大会のためにドライバーに加え、アイアンにもヨネックス社製のカーボンシャフト(レクシス KAIZA)を装着。なんと、ツアーのタフなセッティングにも関わらず、3日間ノーボギーという抜群の安定感を発揮した。54ホールを終え、通算16アンダーで3選手が首位に並び、プレーオフへと突入。その1ホール目、同選手は残り165ヤードから6番アイアンでピン横約1・5メートルにつけると、冷静にバーディーパットを沈め、熱戦に決着をつけた。同選手は、 「今週はショットがよく、クラブが振れるようになって飛ぶようになりました。あんなショットはなかなか出ないし、こんな大きな大会で力を発揮できて本当に嬉しい。このピンクのシャフトのおかげです」 と歓喜の涙を流して、米ツアー初優勝の偉業を振り返った。トッププロがウッドのみならず、アイアンにもカーボンシャフトを使用することは珍しいが、同週行われた国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」を制した谷原秀人もカーボンシャフトのアイアンを使用している。 ともあれ、両選手とも今回の勝利によって、契約先のクラブ&シャフトの飛びと方向性の高さを証明する結果となったワケだが、今後、プロ・アマ問わず、アイアンのカーボンシャフト化がひとつのトレンドになるかもしれない。
    タグ
    ヨネックス
    アン・ソンジュ
    カーボンシャフト
    カイザ
    レクシス