1. ニュース
  2. メーカー

「神の鞭」が放つ、こだわりの『ロッディオ フォージドアイアン』

メーカー 編集部

スポーツライフプラネッツは12月1日、ゴルフパーツブランド『RODDIO(ロディオ)』から、アイアンヘッド『ロッディオ フォージドアイアン』を発売する。

同ヘッドは、ポケットキャビティ構造を採用し、飛距離性能とやさしさを兼ね備える前モデルをベースに、「打球感へのこだわり」や「フィッティング性能に重要な調角範囲の拡大」、さらには、番手フローの再設計や、ソール曲面の再設計など、軟鉄の採用だけにとどまることなく、総合的に進化させ、こだわり抜いた珠玉の逸品だという。

ヘッド構造の特徴を具体的に挙げれば、ボディに軟鉄、フェースには飛距離性能と打球感の優れた高張力スチール、そして、ソールのトウ側には重心位置を調整するタングステンウェイトを採用。これら3つのパーツで構成したことにより、各番手の重心フローを最適化するとともに、併せて、ソール角やソールラウンドのフロー設計など、実際のプレーにおける様々なシーンで適応できるのだという。いわば、機能美を兼ね備えた、より実戦的なフォージドポケットキャビティアイアンの誕生といえるだろう。同社によれば、

「また、この性能を誰にもフィッティングできるよう、1ランク上の調角性も兼ね備えております。ぜひ、より進化されたポケットキャビティアイアンの世界をお楽しみください。全国120店舗の『ロッディオ・コンシェルジュショップ』でお買い求めいただけます」

ちなみに『ロッディオ』は、ロッドにイタリア語で神という意味の「DIO(ディオ)」を合わせた造語。「神の鞭」というわけだ。番手は#5(24度)、#6(27度)、#7(30度)、#8(34度)、#9(38度)、PW(43度)、QW(48度)の7タイプで、本体価格は各2万円。フルで購入すれば14万円、そのほかシャフト・グリップ代、工賃がかかるから、高価格帯の商材といえる。

同社は周知の通りグローブライドの子会社。グローブライドといえば、主力は『オノフ』――。これを本流としながらも、支流では着々と脱・価格競争の青写真を描いている。同時に、技術力がある工房にとっては得難いビジネスパートナーになるだろう。「神の鞭」は果たして、何を打擲するのだろう。長引く不況でくたびれた市場に、ピシリとムチの音を響かせる?

問い合わせはスポーツライフプラネッツへ、042‐538‐7794。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 株式会社フラッグ、事業譲渡並びに商号変更に関するお知らせ

  • IOMIC、人事異動のお知らせ

  • アジルパートナーズ、事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • ロッディオから初のユーティリティ専用シャフト