1. ニュース
  2. メーカー

L字パターの名器が現代版で復活

メーカー 編集部

ブレイクは12月20日、マグレガーのクラシックパター復刻モデル『ターニークラシック アイアンマスター IM‐G5パター』を発売する。同社は2014年にマグレガーブランドに係るサブライセンス契約を締結。

その第一弾として2015年5月、人気アニメ作品「ワンピース」とコラボした限定ドライバーを上市。巷間の話題をさらった経緯がある。そして、第二弾が名器の復活劇ということで、さらに注目を集めそう。それでは、以下より現代版『IM‐G5』の紹介をしよう。

L字パターの名器として、数々の名選手たちに愛用されてきた『アイアンマスター IMG5』のシェイプをCNC精密削り出し製法によって忠実に再現。最新のテクノロジーを融合し、現代の高速グリーンに対応した実戦的なパターとして生まれ変わったのが今回の『IM‐G5』だ。

ヘッド素材には、打感に優れた「SS400」軟鋼を採用。ソールには可変式ウェイトを装着することで、重心位置の調整を可能にしたという。フェースには波型スコアラインを施したほか、シャフトには『NSプロ パター』(136g)を標準装備するこだわりよう。安定したパッティングを可能にする機能が満載というワケ。

また、1960年代当時のオリジナルデザインを忠実に再現。ネック部の「ダブルエックス」と呼ばれるローレット加工や、2本赤ラインのネックセル、革巻きのテイストを持つピストル型グリップを採用するなど、細部のディテールにこだわり、完成度の高い復刻モデルとして、ファンの期待・名器復活の名に恥じない珠玉の逸品に仕上がったという。

そのほかの特徴として挙げられるのは、ヒール側にボリュームを持たせたIMG5独自のフランジ形状を受け継ぎ、左へ引っかけるミスを軽減したこと。さらに、総重量を550gと重くし、現代の高速グリーンにマッチする安定したストロークを実現。本体価格は5万5000円で、パターではやや高額帯の部類に入るが、ここまで作り手の情熱が詰まった同製品、一度試してみる価値がありそう。パッティングに悩むゴルファーは、ネオマレットもいいが、原点回帰で同パターを使ってみるのもいいかもしれない。

【アイアンマスターパター概略】
1930年代、名手トミーアーマーの名を冠して登場。以来、L字パターの代表格として数多くの名プレーヤーに愛用されてきた。「IMG5」のIMは、IRON MASTER、Gはグースネックを表している。ほかに、ストレートネックの「IM」、スワンネックの「IMGN」、レディス仕様の「IMGL」などがラインアップされていた。数字は長さを表し、5は35インチを意味する。

問い合わせはブレイク(マグレガーゴルフ事業部)へ、03‐3595‐7876。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • アベレージゴルファーの強い味方が復活!

  • ファン待望、『マックテック』のニューモデル発売

  • アベレージゴルファーのための飛んで止まるボール『MT332』

  • マグレガー、「チーム・マグレガー」発足で総勢10名と契約

  • 脱アベレージ!マックテック

  • マグレガー、「マックテックNV‐FL」発表会を開催