• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • アキラプロダクツ プロの要望をカタチにした『KS‐601』

    編集部
    SNSでシェアする
    アキラプロダクツは2016年1月23日、プロトタイプシリーズから"継承 4代目 感性"と謳う『PROTOTYPE IRON KS‐601』を発売する。同アイアンはプロからの要望をフィードバックし、それをカタチにしたこだわりのモデル。 まず、「目標に対してスクエアに合わせたい」という要望に関しては、リーディングエッジをストレートにすることで、ターゲットに合わせやすくしたという。また、「ボールをやさしく包み込むイメージが欲しい」という要望に関しては、アドレス時にトウ側の頂点にしっかり感を持たせ、さらに、やさしくボールを包み込むネックからのラインの立ち上がりに仕上げることで、ボールが逃げる・滑るイメージを払拭。そして、「打感に厚みを感じたい」という要望に関しては、ボールとコンタクトするバックフェース部分を肉厚にすることで、ショット時の打感がしっかりと感じるように設計。まさに、感性に訴えるものづくりで、4代目の名に恥じない名器が完成したという。 番手は#3(21度)、#4(24度)、#5(27度)、#6(30度)、#7(34度)、#8(38度)、#9(42度)、PW(46度)で展開する。価格は#5~9、PWの6個セットで9万円。#3、#4は単品となり、各1万5000円となっている。なお、同モデルはパーツ販売のみの展開となっている。 問い合わせはアキラプロダクツへ、03‐5652‐4500。
    タグ
    アキラプロダクツ
    ADR
    KS‐601
    プロトタイプの会
    久保谷健一