1. 『MOZ KENMOTSU』全国展開へ

『MOZ KENMOTSU』全国展開へ

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 1,440 Views

釼持ゴルフ用具製作所は3月3日、「MOZ KENMOTSU」ブランより『MOZウエッジ』の全国展開をスタートする。

「MOZ」といえば過去、大手クラブメーカーのプロモデルをハンドクラフトしていた夢工房石原ゴルフ(岡山県)のブランドとして展開していた。2006年に石原氏が亡くなった後、2010年に商標を釼持ゴルフ製作所の釼持教夫が引き継いでいる。この数年間、細々とアイアンやウエッジを削り、一部でのみ販売。しかしながら、トップアマの使用率が高いことから、全国展開に面舵を切ったという経緯だ。

釼持の名は備前岡山の名刀長船の系譜を引く日本刀職人。釼持自身はこの数年、大手中規模メーカーのクラブのデザイナーとして活躍していた経緯もある。

その釼持が新たに発売するのが『MOZウエッジ』。上級者が構えやすいフォルムながら、幅の広いソールで打ちやすいというのが特長。ラインアップはロフト48度~60度までの2度刻みで、7モデル。工房向けにヘッド単体で展開される予定で、価格は2万円となっている。

問い合わせは釼持ゴルフ用具製作所へ、0868-78-2752。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • グローブライド、役員人事に関するお知らせ

関連記事

  • 『CB-2008』にベストマッチの『MG-M01』ウエッジ

  • ツアーエッジのワンアウト ウエッジ

  • グラファイト制振材複合の次世代ウエッジ『EZONE N1‐W』

  • キャロウェイ、MD3ウエッジシリーズに3モデル加え拡大

  • バックソールで重心操作『Z1 ウエッジ』

  • シャフトの「BUZZ」からウエッジ登場