1. ヨネックス、産学協同第3弾はユーティリティ

ヨネックス、産学協同第3弾はユーティリティ

メーカー
この記事は約 3 分で読めます。 180 Views

ヨネックスは2月下旬、常識にとらわれない新設計でアマチュアゴルファーが苦手とする180ヤード前後の飛距離をやさしく狙える『TRIPRINCIPLE(トライプリンシプル) ユーティリティ』(オープン価格)を発売する。同UTは、福岡大学・清永明名誉教授発案の産学協同プロジェクト第3弾となるもの。

同製品の特徴は、①スコアライン、②クラウン部分、③シャフトという3つが挙げられる。まずは、新設計「3Sスコアライン」の説明から。同社宣伝部の稲木鉄志係長によれば、

「『3Sスコアライン』とは、『Slanted Spin Stabilizer』からネーミング。これは、濡れた状態と乾いた状態の芝でもスピン量の差が少なく、飛距離のバラつきが少ない新設計のスコアラインです。斜めに入った溝がインパクト時、水や芝を逃がしてくれる、ようは排水溝の役割を果たしてくれるイメージです」

同溝設計は、見た目にも分かりやすく斬新なものだが、続いて説明するクラウン部分にも注目したい。稲木係長が続ける。

「クラウン中央部を凹ませた新形状にすることで、クラブの重心軸をフェースセンターに配置。さらに、トウ側6・ヒール側4という重心配分で、UTにありがちなつかまり過ぎのミスを抑え、やさしくボールが上がる低重心設計を採用しています」

さらに、振りやすさ、ボールの上がりやすさに一役買っているのが、独自設計を採用した専用シャフト(WFS 300‐U・中調子)。

「こちらのオリジナルシャフトは、長い番手になるにつれて、シャフトを軽量化した『重量逆フロー設計』を採用。ロング番手ほど軽く、振りやすくなりヘッドスピードアップが図れ、適正スピンで楽にボールが上がりやすくなっています」

番手ラインアップとシャフト重量を紹介すると、#3(20度/R48g、S52g)、#4(23・5度/R52g、S56g)、#5(27度/R58g、S62g)となっている。なお、本体価格はオープンプライス(店頭参考売価4万円前後を予定)。

『トライプリンシプル』シリーズは、第1弾のパター、第2弾のウエッジに続き、今回UTが発表されたが、パター・ウエッジともに、巷間での評価も高い。それだけに、同UTも人気の商材となることが予想される。ちなみに、パターに関してはシリーズ累計で5000本以上を販売しているヒット商品。まだ試したことのないゴルファーは、異形だからといわず、一度試してみる価値があるだろう。消費者目線でいえば、今後、同ブランドのドライバー、アイアンの発表が気になるところだ。

問い合わせはヨネックスへ、03‐3833‐3526。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • Kasco 2018 – キャスコWebカタログ

    • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

    • Bridgestone Golf 2018 春夏 – ブリヂストンゴルフ Webカタログ

    • 写真で振り返る新製品発表会 ダンロップスポーツ「ゼクシオ10」

    関連記事

    • YONEX GOLF 2018 – ヨネックスWebカタログ

    • YONEX GOLF 2017 – ヨネックスWebカタログ

    • これぞヨネックス! “カーボンテクノロジー”の粋を集めた新ドライバーEZONE GTを徹底検証

    • YONEX EZONE GT – ヨネックスWebカタログ

    • ヨネックス 人事異動

    • ヨネックス、役員選任のお知らせ