• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • Aデザイン×今野康晴コラボの『Aグラインド Y-PROTO』

    編集部
    SNSでシェアする
    Aデザインゴルフの販売代理店・テイクスインクは3月10日、Aデザインゴルフ主宰の赤穂勇介氏とツアー7勝を誇る今野康晴プロがコラボした『Aグラインド Y-PROTO』(5万1000円)を発売する。10年来の知り合いである両者だが、きっかけは、今野プロからのリクエストだったとか。 「小ぶりだけど小さく見えずに、フェアウェイウッドのように振り抜きやすいドライバーが欲しい」――。そんなリクエストに応えたのが、『Aグラインド Y-PROTO』。今野プロが、その理由を語ってくれた。 「ティーアップを高くしたくないんですよ。プロはミート率が高いから、ティーアップが高いと余計な空間を認識し、インパクトでのミスを誘発しやすい。ヘッドが小さければ、アドレス時にヘッドがぼやけず、シャローなヘッドでも、ボールがつかまれば十分ですから」 『Aグラインド Y-PROTO』は410cm3のシャローヘッド。しかしながら、ヘッド体積の割には投影面積が小さすぎず、FW感覚で使用することが可能だ。 開発者の赤穂氏は、「シャローなヘッドは、その形状が生み出す重心がもともと低い位置にあります。物理的に見ても460cm3のヘッドより低重心です。それでいて、形状からのイメージでボールは上がりやすい。ロフトを寝かせる必要がなく、ロフトが立っている分、前方への飛球が期待できます」 今野プロは、昨年末のQT直前に『Aグラインド Y-PROTO』を試打。1球打っただけで気に入り、QTを『Aグラインド Y-PROTO』で戦い抜き、今季のツアー参戦権を手に入れている。 ラインアップはロフト角9度(フェース角:オープン1・5度)と10度(同1・0度)の2ロフト。重量は200gと重めの設計になっている。 問い合わせは販売代理店・テイクスインクへ、045-949-8001。
    タグ
    ドライバー
    Aデザイン
    今野
    赤穂