1. やさしさを追求したドゥーカス『DCD703』

やさしさを追求したドゥーカス『DCD703』

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 122 Views

『DCD703』は、460cm3のシャローヘッド。投影面積が大きく安心感があり高い慣性モーメントを誇るヘッドだが、高MOIヘッドにありがちな捉まりの悪さを解消。重心アングルを強目に設定したことで、安心してボールを捉まえて大きな飛距離を実現している。また、フェース素材は15-3―3-3、ボディに6-4チタンを採用。適合ヘッド(195g±2g)と高反発ヘッド(190g±2g)をラインアップする。

適合モデルはシャローバッグにデザインして打音を低く、高反発モデルは、少しだけディープバック形状に設計することで、高音を奏でて、ゴルファーに飛びをイメージさせる工夫を凝らしている。ロフト設定は9・5度、10・5度、11・5度をラインアップするが、実はソールにも特長がある。

それが蛇行した川のようなソールの溝だ。一直線ではなく、トゥ側は溝の位置がフェースに近く、ヘッドのたわみ量を減少させたことでトゥヒットでのドローしすぎを抑制。逆にヒール側の溝はフェースから少し離れており、且つ幅が広い。ヒールヒット時にヘッドのたわみ量が多く、ヒールヒットでもボールを捉まえやすい設計を施している。

問い合わせはHARAKENへ、0280-23-4099。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 技術は継いだが「後継ではない」 キャロウェイ庄司副社長が『ローグ』を語る

    • キャロウェイが新ドライバーROGUE(ローグ)を発表 エピックの後継機種じゃない!

    • ジェージーイーの新製品 一気に振り切れる『BULLET』 強・高弾道『GALPHA PRATINA』を検証

    • 初速がとにかく速い!メタルファクトリー A9ドライバーを永井プロが試打検証

    • これぞヨネックス! “カーボンテクノロジー”の粋を集めた新ドライバー『EZONE GT』を徹底検証

    • エスティバンゴルフのクラウン凹凸ヘッド『ES460D』とは?