1. ニュース
  2. メーカー

新素材で初速アップの『EXOTICS EX9』

メーカー 編集部

テイクスインクは3月3日、米ツアーエッジブランドから2016年の新商品『EXOTICS EX9』シリーズのドライバー、FW、UT、アイアンを2モデルずつ発売する。ツアーエッジといえば、米ツアーでもFWの使用率が高いブランド。今回は、その『EXOTICS EX9 FW』を紹介しよう。

『EXOTICS EX9 FW』は、インパクト時のヘッドスピードの最大化を追求して設計されている。最大の特長は、ソールの波型デザインの「スリップストリーム」形状で、芝からの影響を劇的に軽減して、爆発的なフルスピードインパクトを実現している。

また、今回の変更点はフェース素材。前モデル『E8』はフェース素材に450スチールを採用していたが、『EX9』では弾き感の強い475カーペンタースチールをカップフェースにして、ハイパースチールボディと精密接合。この組み合わせとシャローフェース設計で、強い高弾道を実現している。さらに、強いスプリング効果を生むパワーグリッドに加え、ソール後方のカットアウェイ構造は安定性を高め、スムーズな振り抜きを可能にしている。

ロフトラインアップは、#3(13度)、#3+(15度)、#4(16・5度)、#5(18度)、#7(21度)で、シャフトは藤倉製のオリジナルシャフトを装着する。価格は4万4000円。

問い合わせはテイクスインクへ、045-949-8001。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ジュピターテレコム、役員選任のお知らせ

  • 住友ゴム工業、組織改正及び人事異動のお知らせ

  • 高根カントリー俱楽部、小池武人氏が支配人を退任し、取締役に就任

  • ゴルフキッズ、社名変更及び本社移転

関連記事

  • ツアーエッジのワンアウト ウエッジ

  • 6つのソールウエイトで重心調整『Z1 FW』

  • 二つのヘッド重量『Aグラインド440ドライバー』

  • FP統一の『AグラインドR1』

  • 『Aグラインド ウエッジ』に粋なブラック

  • ツアーエッジ『XCG6』はカチャカチャ