1. ニュース
  2. メーカー
  3. マニューバーライン、キャロウェイのトレーニング用品20アイテムを順次投入

マニューバーライン、キャロウェイのトレーニング用品20アイテムを順次投入

人気ゴルフブランド「キャロウェイ」のライセンス商材を取り扱うマニューバーラインは今春、ゴルフ用ネットをはじめ、スイングマット、スイング練習器具など、20アイテムを順次発売する。

同社は、マリンレジャー・スノーボード・アパレル用品の輸入卸業を主業務としているが、昨年からキャロウェイブランドのレーザー距離計、腕時計型GPSなどでゴルフ業界に参入。巷間でも話題を呼び、取扱店舗も順調に増えているから、ご存知のヒトも多いはず。そのような背景の中、今年のJGFで初お披露目されたのが同ブランドのトレーニング用品だ。

なかでも注目は、『PURE PITH HITTUNG MAT』(本体価格1万3000円)、『ODYSSEY PUTTER CUBE』(同2800円)、『HX PRACTICE BALLS』(9個入り・同1500円/18個入り・同2500円)の3アイテムだろう。まずは、『PURE PITH HITTING MAT』から紹介しよう。

同製品は、チップショット、ピッチショット、ロブショットの正しいセットアップとボールポジション、ヘッド軌道のデザインが施された練習用マット。実際、プロのようにアプローチをしようと思っても、スタンスの幅、それに対するボールの位置や軌道は分かりづらい。しかし、同製品を使えばそんな悩みも一発で解消! 反復練習することで効果的にプロのようなセットアップが身につくだけでなく、実際にボールを打って練習すれば、アプローチ巧者になることも夢ではないだろう。ありそうでなかった練習用マット、一般用にも売れ筋となりそうだが、インドアのレッスンスタジオなどで人気の商材となりそう。

続いて紹介するのが、『ODYSSEY PUTTER CUBE』。同製品は、パターグリップ部分に装着するだけで、手首の使い過ぎや手先でのストローク、フェースアングルをスクエアに保つ感覚が体感できるトレーニング用品。掲載画像をみてもらうと分かりやすいが、同製品が手首から離れないようにストロークするだけで、ストローク時の手元のズレや軌道を修正し、安定性の高いショルダーストロークを体得することもできそう。ちょっとしたアプローチ練習の際にも使えそうだ。

そして、最後に紹介するのが『HX PRACTICE BALLS』。実は同製品、巷にあるようなただの練習用スポンジボールとはわけが違う。なんと、同ボールのディンプルには、キャロウェイが特許を取得している「HEXパターン」を採用。耐久性に優れた独自のソフトライト素材を使用し、実際のゴルフボールと見間違えてしまうほどの精巧な仕上がりがウリ。カラーはライムグリーン、オレンジ、ピンクの3色で展開。メッシュキャリーバック付きだから持ち運び・収納も便利。

現在、取扱店舗も募集しているとのこと。問い合わせはマニューバーラインへ、03‐5245‐3113。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • PING 2018 FALL & WINTER – ピンWebカタログ

  • 青木功ゴルフ企画、事務所移転のお知らせ

  • ステップゴルフ、代表取締役社長の芦住昌宏氏が退職

  • 二木ゴルフ、藤沢店の所在地表記変更のお知らせ

関連記事

  • キャロウェイゴルフ、2018年上期の好業績を発表

  • キャロウェイ2018年度第一四半期、記録的好業績を発表

  • 永井プロが打ち比べ!キャロウェイのローグとエピックは何が違うのか!?

  • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

  • ローグとエピックは何が違うのか。キャロウェイの庄司副社長に色々聞いてきました

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」