• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • のせやすいから斜め挿しもOK! 『トマホークティーSPX』

    編集部
    SNSでシェアする
    ダイヤコーポレーションは3月15日、高さ調整機能付きで好評を博している『トマホークティー』シリーズの最新作『トマホークティーSPX』(ゴルフ規則適合)を投入する。これまでに発売されている『トマホークティーロング』、『トマホークティーショート』、『トマホークティープロ』とは少し趣向を変えた待望の新製品の登場だ。 従来品とどう違うかは一目瞭然。ティー上部のボール乗せ口が大きく(直径約28mm)、乗せやすくなったことはもちろんのこと、少し斜めにティーアップしてもボールが落ちないことが大きな特徴。乗せ口が大きくても、飛距離ロスにつながる心配はないという。実際、プロでもティーショットのとき、アゲンストの時にはターゲット方向へ、フォローの時はターゲットと逆方向へティーを少し斜めに挿す場合がある。これは、風向きに対するスピンコントロールの工夫で、1 ヤードでも前に飛ばしたい気持ちの表れでもある。だがそれは、乗せ口の小さいティーでは難しく、スイングを始めた瞬間、ボールが落ちてしまうなんてことも多い‥‥。そんなプロでも行う飛距離への探求を、アマチュアゴルファーでも簡単にできるのが『トマホークティーSPX』というワケ。 また、同製品はティー本体中央部に高さ調整機能付きのアジャスターを搭載。このアジャスターはネジ式になっており、アジャスターを回すことでボール高約35 ㎜から約45 ㎜の高さに無段階で調整可能。カラーはイエロー、グリーン、ピンクの3色。同3色が1パッケージとなり本体価格500円は、かなりお得といえるだろう。 自身の好きな高さに設定しておけば、常に安定したティーアップが望めるばかりでなく、先述した斜め挿しに加え、アゲンストではティーを低く、フォローではティーを高く調整するという使い方も容易に行える。まさに、ゴルファー目線に立った画期的なアイディア商品といえるだろう。 問い合わせはダイヤコーポレーションへ、03‐3381‐5454。
    タグ
    トマホークティー
    トマホークティーSPX
    ダイヤゴルフ