• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 藤田さいきがラズルダズルで3日目60台をマーク

    編集部
    SNSでシェアする
    沖縄県・琉球ゴルフ倶楽部で開催された国内女子開幕戦「ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント」で、3日目に出場選手中唯一60台で回り優勝戦線に加わったのが藤田さいき。今シーズンからクラブはフリー契約で、実戦に投入したのが地クラブのウエッジでJ・GREED『ラズルダズルCS―01W』だった。 『ラズルダズル』は工房向けのパーツブランドで、昨年8月に元地クラブメーカーのスタッフだった阿部歩氏が立ち上げたブランド。幅広ソールにハイバウンス、そしてソールのトゥが大胆に削ぎ落とされている「CLAWING(かぎ爪)SOLE」が特長だ。 今回、藤田さいきが使用したのにはワケがあった。「昨年まではローバウンスのウエッジを使用していましたが、少しでも手前からボールにアタックすると距離や方向性にミスするなど、緊張した場面だとプレッシャーも感じてアプローチが苦手でした。それが『CS―01W』だとグリーン周りで助けになってくれます」――。 使用ウエッジは3本で、ロフト50度を1度立てて49度に調整。さらに、52度、58度を使用しており、市販されているウエッジと同じモデルだということだ。 近年、地クラブがプロのトーナメントで使用されるシーンが多く見られるようになった。一昨年からは男子ツアーで「Aデザインゴルフ」のクラブが活躍し、昨年の日米の女子オープンを制したチョン・インジは、「イーデルゴルフ」のウエッジを使用。そして、今回の藤田さいきだ。今後、クラブのフリー契約が増加すれば、地クラブがツアーでさらに活躍する可能性も否定できない。 ラズルダズルの商品問い合わせは、03―6280―3407。
    タグ
    地クラブ
    Aデザイン,イーデルゴルフ
    ラズルダズル