1. バックソールで重心操作『Z1 WEDGE』

バックソールで重心操作『Z1 WEDGE』

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 84 Views

ウエッジ本体はヌケを重視したソール形状に、フェースの開閉時に違和感のないデザインを採用。リーディングエッジに丸みを帯びさせることで、フェースを開いた時でも極度に開いて見えないよう工夫されている。また、フェース上部は厚みがあり、重心が高いことからフルショットでのインパクトでもロフトが変わりづらく、スクエアが長く保たれることからスピンの掛かりやすい設計が施されている。この重心高も、先のウエイトで調整できることから工房の商材として重宝されそうだ。
 
ロフトラインアップは52度、58度の2種類。仕上げは、ダブルニッケル+クロムメッキサテン仕上げと黒染めタイプが用意されている。昨今、工房商材としてウエッジのバリエーションが増加中。各メーカーとも差別化に必死だが、バックフェースで重量配分操作というのも大きな特徴といえるだろう。

問い合わせは共栄ゴルフプロダクツ、03―6452-5825。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 『CB-2008』にベストマッチの『MG-M01』ウエッジ

    • Aデザインからウエッジ『A GRIND V2』と次世代キャビティ『A GRIND A-CB』

    • バックラインじゃない、アライメント機能を搭載した『ALIGN』

    • PXGの『X』シリーズが6月発売予定!

    • スーパーストロークに新シリーズ『PISTOL GTR』

    • パター用カーボン『MC Putter』登場