1. ニュース
  2. メーカー

バックソールで重心操作『Z1 ウエッジ』

共栄ゴルフプロダクツは4月中旬、ウエッジのバックソールに9カ所のウエイトを装着して打ち出し角を操作する『Z1 WEDGE』(ヘッド単価2万2000円)を発売した。重量調整のウエイトはステンレス製が0・7g、アルミ製が0・2gで、これらの組み合わせで重心移動が可能なウエッジだ。

ウエッジ本体はヌケを重視したソール形状に、フェースの開閉時に違和感のないデザインを採用。リーディングエッジに丸みを帯びさせることで、フェースを開いた時でも極度に開いて見えないよう工夫されている。また、フェース上部は厚みがあり、重心が高いことからフルショットでのインパクトでもロフトが変わりづらく、スクエアが長く保たれることからスピンの掛かりやすい設計が施されている。この重心高も、先のウエイトで調整できることから工房の商材として重宝されそうだ。
 
ロフトラインアップは52度、58度の2種類。仕上げは、ダブルニッケル+クロムメッキサテン仕上げと黒染めタイプが用意されている。昨今、工房商材としてウエッジのバリエーションが増加中。各メーカーとも差別化に必死だが、バックフェースで重量配分操作というのも大きな特徴といえるだろう。

問い合わせは共栄ゴルフプロダクツ、03―6452-5825。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • 『CB-2008』にベストマッチの『MG-M01』ウエッジ

  • Aデザインからウエッジ『A GRIND V2』と次世代キャビティ『A GRIND A-CB』

  • バックラインじゃない、アライメント機能を搭載した『ALIGN』

  • スーパーストロークに新シリーズ『PISTOL GTR』

  • ツアーエッジのワンアウト ウエッジ

  • KBSから初のカーボン『KBS TOUR HYBRID PROTOTYPE』