• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 6つのソールウエイトで重心調整『Z1 FW』

    編集部
    SNSでシェアする
    共栄ゴルフプロダクツは5月中旬、6つのソールウエイトボルトで重心をコントロールできる『Z1 FW』(ヘッド単価3万7000円)を工房向けに発売する。タングステンウエイト(1g)が4個とステンレスウエイト(3g)が2個の計6個のウエイトが標準装備されており、そのウエイトボルトを入れ替えることで重心を調整できるというFWだ。 もちろん、それだけでなく、マレージングのカップフェース構造で飛距離を追求。フェースが一定にたわむ打感と弾き性能を追求した構造を採用している。また、クラウン部分は0・8mmの17―4ステンレス。ボディのたわみ効果を大きくする効果を狙っている。 ソール形状は丸みを帯びていてボールを拾いやすく、ライの状況に関わらずヌケの良さを発揮。アドレス時の印象は、上級者が好む姿にデザインされている。また、ホーゼルの深さが36mmと比較的短く設定。シャフトの性能を拠り発揮しやすい深さに設計されている。 番手構成は、3W(15度、180cm3、212g)、5W(18度、170cm3、218g)、7W(21度、160cm3、223g)。様々なゴルファーに合わせて、重心位置とシャフトマッチングによって提案できる引き出しの多いFWとなるだろう。 問い合わせは共栄ゴルフプロダクツへ、03-6452-5825。
    タグ
    地クラブ
    共栄ゴルフプロダクツ
    パーツ
    FW