1. 飛距離追求型ゴルフボール『SRIXON-X-』をテスト販売

飛距離追求型ゴルフボール『SRIXON-X-』をテスト販売

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 100 Views

『SRIXON-X-』は、多くのゴルファーの「より遠くへ飛ばしたい」という夢を実現するために開発した飛距離追求型4ピース構造のボール。同モデルにはアンケート用紙を同封し、使用後の顧客の感想や意見を収集するとのこと。今回のルート限定によるテスト販売で、同モデルの評価結果やゴルファーの本質的ニーズを確実に把握し、満足度をさらに高めるべく今後の商品開発に活かしていくという。

同社は、2012年から2015年の中期経営計画において”ゴルフ用品のルールを遵守し、2015年までに+15ヤード(クラブで+10ヤード、ボールで+5ヤード)の飛距離アップを目指す”という「チャレンジ15」を掲げていた。クラブでは昨年発売の『ゼクシオ ナイン」で+10.5ヤード、ボールでは今回販売する『SRIXON-X-』で+5ヤードを実現。クラブとボールを合せて+15.5ヤードとなり目標を達成したという。

ちょっと謎めいた感じのボールで、スリクソンユーザーだけではなく、多くのコアゴルファーが興味を持ちそうだ。

■『SRIXON-X-」の概要
○素材:合成ゴム、合成樹脂
○構造:飛距離追求型4ピース
○カラー:ホワイト
○ボールナンバー:1、5
○販売形態:1/2ダース箱(3球入り×2)
○販売数量:2,000箱(一人2箱まで)
○価格:オープン価格
 なお、同製品に関する問い合わせは、ダンロップスポーツ(0120-65-3045)まで。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ブリヂストンの新作レディスゴルフシューズは可愛いデザインになります

    • 熱中症対策に一石を投じる。高通気性キャップ『エアピーク』で真夏のゴルフを快適に

    • ボールも飛距離モンスター!? ブリヂストンゴルフ『JGR』からゴルフボールを投入

    • 賞金女王が絶賛 鈴木愛も認めたピンの飛び系『G700アイアン』

    • テーラーメイド 飛んで曲がらない『M3』『M4』は「ツイストフェース」

    • 技術は継いだが「後継ではない」 キャロウェイ庄司副社長が『ローグ』を語る