1. ニュース
  2. メーカー

絶妙なフィット感とグリップ力を両立したフリーサイズグローブ

メーカー 編集部

ダイヤコーポレーションはこのたび、フリーサイズでフィット感抜群のグローブ『US PGA グローブ』3モデル、『WGCグローブ』1モデルを発売した。

同グローブは、伸縮性に優れた素材を採用し、ワンサイズで22cm~25cmまでしっかりフィット。サイズ選びを必要としないので、試着なしでも不安を感じずに購入できるのが嬉しいポイント。また、サイズを気にする必要がないので、贈答用やコンペ景品としても人気の商材となりそう。

掌側には、東レ・コーテックス社の合成皮革「トライト3000N」を採用。同素材は、その優れたグリップ性能から、フィッシング用グローブにも採用されている画期的な素材。また、クラブを握る際に一体感を損なわぬよう、関節部位や小指をかける部分には、ストレッチ素材を採用。さらに、同ストレッチ生地には嫌な匂いを防止する抗菌素材を使用するなど、ゴルファーのツボをおさえたモノづくりは評価に値するだろう。同社によれば、

「ゴルフクラブと手の接点となるゴルフグローブ選びにおいては、手の形状と一体となるようなフィット感が重要です。ご自身の手に合ったグローブをみつけるにはサイズ選びが欠かせませんが、そのためにはいくつもの商品を試着するなどして探す必要があります。一方で、近年の購買行動の変化や時間の制約上、試着なしで自分にフィットしたゴルフグローブを購入したいというニーズが高まっています。そこで、当社は一般的な男性の手のサイズ(22cm~25cm)にフィットするフリーサイズグローブを、新たに『US PGA』ブランドで発売します。ぜひ、一度お試しください」――。

ラインアップはホワイト/ブラックの『US PGAグローブ3003』、ホワイト/レッドの『同3004』、ホワイト/グリーンの『同3005』、そして、ホワイト/ブルーの『WGCグローブ3006』という4モデル。しかも、各色で異なるトーナメントロゴを採用するこだわりよう。全色コンプリートして、その日の気分やウエアに合わせコーディネイトする楽しみ方もありそうだ。

本体価格はオープンだが、店頭での想定価格は1100円前後と、グローブにしてはリーズナブルな価格帯でコスパも高い。鮮やかなカラーでプレー中の気分も高まりそうだから、米PGAで戦うツアー選手のようなスーパーショットも期待できる?

問い合わせはダイヤコーポレーションへ、03‐3381‐5454。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • コーヅゴルフ、店舗移転のお知らせ

  • 株式会社フラッグ、事業譲渡並びに商号変更に関するお知らせ

  • IOMIC、人事異動のお知らせ

  • アジルパートナーズ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • 2020年度PGA資格認定プロテスト、延期のお知らせ

  • 「ダイヤ株式会社」にダイヤコーポレーションが社名変更

  • ダイヤコーポレーション、社名をダイヤ株式会社へ変更

  • 理想のパッティングが身につく“養成ギブス”『ダイヤプロパット』

  • ダイヤコーポレーション、人事異動のお知らせ

  • うなぎが掴めるグローブ?水に濡れてグリップ力が増すHIRZL(ハーツェル)を試してみた