• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • Anserパター誕生50周年記念モデル『TR 1966』

    編集部
    SNSでシェアする
    ピンゴルフジャパンは4月下旬、『Anser(アンサー)パター』の誕生50周年を記念して、『TR 1966』パターシリーズを国内数量限定で発売した。 同モデルは、50年前のオリジナル「Anser」「Anser2」を忠実に再現。数々の名シーンを演出してきた完成度の高い形状、機能面はもちろんのこと、フェースには芯を外して打っても距離のバラつきをおさえる、最新テクノロジー「TR溝」を削り出しで施すこだわりよう。 50年経ったいまでも、色褪せるどころか、新鮮ささえ醸し出すアンサーパターは、まさにPINGを代表する名器といえるだろう。 シリーズは、『TR 1966 Anser』、『TR 1966 Anser2』の2モデルで展開。『TR 1966 Anser』は、オリジナルのアンサーと同様に、心地よい打球音を生み出す「サウンドスロット」を搭載。ヘッドには、当時のままにアライメントが入っておらず、厚めのトップレールと丸みを帯びたトウ・ヒール形状を採用。 一方、『TR 1966 Anser2』は、白い1本のアライメントが特徴的で、目標に対して真っ直ぐ構えやすくなっている。また、アンサーに比べ、薄めのトップレール、シャープなトウ・ヒール形状を採用。 両モデルとも、シャフトはステップシャフト、グリップはピストル・ブラックアウトを採用するなど、当時を知るファンにはたまらない、細かい部分でのこだわりも見逃せないポイント。本体価格は3万円、日本限定標準装備として、オリジナルマーカー・ヘッドカバーを付属しているという。 ちなみに、すでに数人のツアープロも実際の試合で使用しており、2016年チャンピオンズツアー「ミシシッピ・ガルフ・リゾートクラシック」では、同社契約のミゲル・A・ヒメネス選手が『TR 1966 Anser』を使用して勝利をおさめている。ただの復刻版じゃない、高いパター性能を実証している。 問い合わせはピンゴルフジャパンへ、03‐5916‐1812。
    タグ
    ピン
    ピンゴルフジャパン
    TR1966
    アンサー
    アンサー2