1. ニュース
  2. メーカー

ヨネックス、世界最軽量シャフト『レクシス キセラ』を発売

メーカー 編集部

ヨネックスは9月下旬、カスタムオーダーシステムで好評を博している新潟自社工場製カーボンシャフト『レクシス キセラ』から、世界最軽量を更新した28.5gのシャフト(2F3)を発売する(同社調べ)。

同シャフトは、ヘッドスピード(HS)38m/s未満のゴルファーに向け、極薄のカーボンシートに「ナノメトリック」素材を複合。大幅な軽量化と高強度化を両立した超軽量シャフトだという。同社の飯泉剛課長(製品開発)が次のように説明する。

「今回発表した『レクシス キセラ』は、空のペットボトルよりも軽い28.5gで、前作比で2.5g軽量化しました。製造コストや作業工程は前作比3倍ほど。昨年のゴルフフェア以降通常の5倍以上に相当する約70本の試作品をつくり、61本目で満足できる結果が得られました。当社のシャフトはまだまだ知名度が低いので、世界最軽量で宣伝効果が期待できます。50g台のシャフトの製造誤差は±2gですが、『キセラ』は±0.4g。プラス側に振れたとしても、29gにはいかないよう細心の注意を払いました」

160913T3.jpg

ちなみに、軽量シャフトにありがちな、ただ軽いだけ、シャフトが頼りないといったデメリットも解消したとか。前出の飯泉課長によれば、

「当社は軽さだけではなく性能面も両立しています。軽さだけ求めると頼りないシャフトに仕上がるので、トルクを絞り、強度を上げるなど耐久性も必要になる。これらを解決するため、極薄のカーボンシートに強度と弾き感を高める新ナノメトリック素材を全体に配合しました。通常、この軽さではトルクが15~16度ですが『キセラ』は10.5度に抑制しました」

気になる価格は、シャフト単体で5万5000円、スリーブ付きシャフト単体で5万7000円となっている。シニアや非力なレディスゴルファーの飛距離アップに貢献しそうなモデルだ。

さらに同社は同時に、アイアン専用カーボンシャフト『レクシスカイザXi』を投入。同シャフトは先述のキセラと一転、HS42m/s以上のアスリートゴルファーに向けた中上級者モデルという位置づけ。

特徴は、カーボンの約3倍の柔軟性を持つグラスファイバーに、カーボンナノチューブを複合した新素材「タフGファイバー」を搭載したこと。それにより、スチールシャフトの操作性と、カーボンシャフトの球の上がりやすさというそれぞれの機能メリットを融合。コントロール性とフィーリングのよさに加え、ロングアイアンの寛容さを達成したという。

モデルは重量帯別に「95S」、「95X」、「105S」、「105X」の4タイプを用意。価格は1本1万2000円となっている。

問い合わせはヨネックスへ、03‐3833‐3526。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本ゴルフマネジメント、社名をネクスト・ゴルフ・マネジメントに変更

  • Takumi Japan 2in1パター Webカタログ

  • FDR、瀧川裕次氏が代表取締役社長に就任

  • 住友ゴム工業、役員異動のお知らせ

関連記事

  • ヨネックス『Royal EZONE』ドライバー 曲りを抑えて真っ直ぐ飛ばす!

  • 森田遥にインタビュー ヨネックスのクラブはゴルファーにおススメ?

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • EZONE CB701でヨネックス林田草樹社長が真剣勝負 5番アイアンで200ヤード狙える

  • ヘッドスピード30m/s前後の女性に向けたヨネックスの新モデル「EZONE GT」