1. ニュース
  2. メーカー

待望の『TourAD TP』は、「スピード感のあるDI」!?

メーカー 編集部

グラファイトデザインは10月6日、展開する『TourAD』ブランドの新製品『TourAD TP』を発売する。同モデルは近年、長尺傾向にあるゴルフクラブにもマッチしたシャフトだという。すでにツアーシーンでは投入を開始し、勝利に貢献。ツアーでの実績を引っさげて威風堂々、秋商戦に名乗りをあげる。

特徴は、静かな撓り戻りで振り遅れを軽減させ、さらに先端高剛性を加えることにより、ミート率を向上させたこと。通常、長尺にすると、ボール初速は上がるがミート率は下がってしまう。その問題は、釣りのロッドなどに採用されるファストテーパー設計を用いたことで解消。振り遅れを軽減することに加え、ボールのつかまりも向上、安定したスピン量でビックキャリーが望めるモデルに仕上がったという。同社広報担当の鈴木亮太課長は次のようにコメント。

「アスリートゴルファーやハードヒッターが叩けるシャフトとして、国内外で絶大な人気を誇っているのが粘り系の『DI』です。新製品の『TP』は、いわばその『DI』の特性を活かしつつ、現代のヘッドにマッチさせ、弾き系にしたモデルです。安定した動きの『DI』に、テーパーと先端剛性のバランスをモディファイ。中間部から先が走り、初速アップと弾きのよさがさらなる飛距離を生みます」

イメージとしては、「スピード感のあるDI」といったところだ。鈴木課長曰く、弾き系で発売している『DJ』『GT』『MJ』のなかでは一番静かな挙動のモデルが『TP』だという。ちなみに、TPは「Tour Proven」の略で、ツアーでの実証、実績という意味が込められている。

ラインアップは重量帯別に「TP4」(フレックス:R2、R1、S)、「TP5」(R2、R1、S)、「TP6」(SR、S、X)、「TP7」(S、X)、「TP8」(S、X)の5機種13タイプを用意。「TP4」及び「TP5」は、安定したシャフトの走りと飛距離を誇り、軽量であってもしなやかにしっかりと戻り、安定したインパクトで強弾道を可能するモデル。

一方、「TP6」から「TP8」は、叩いても自然にヘッドが戻る静かな挙動で、振っていっても安定したインパクトを可能するロスの少ない強弾道と最大飛距離を実現したモデルだという。

キックポイントはすべて中調子で、本体価格は4万円となっている。また、今回の『TP』から新しいロゴにチェンジ。シリーズに新鮮さを与えたことに加え、同社の並々ならぬ気合が感じられるモデルに仕上がっている。

問い合わせはグラファイトデザインへ、0494‐62‐1170。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • グラファイトデザイン『秩父UT・秩父IRON』ゴルファーの技術を反映する最高峰シャフト

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 永井プロ「ツアーAD VR」試打レビュー ヘッド性能を引き出す新シャフトの評価は?

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 「TOUR AD Uシリーズ」ユーティリティ専用シャフトの実力は?

  • グラファイトデザイン ツアーAD IZ 高初速ヘッドの性能を最大限に引き出すシャフト