1. ニュース
  2. メーカー

好評の『KSパター』、レインボーカラーを投入!

メーカー マジェスティ 片山三将

マルマンは10月15日、今年7月の発売以降、欠品が相次ぐほど好調に推移している『KSパター』シリーズに、さらに限定感のあるスペシャルカラーバージョン『KSパター レインボーカラー』を追加投入する。

ネーミングの「KS」は、研磨職人であり、同社の45年にわたるゴルフクラブづくりの歴史を創業当時から支え続けてきた、杉山健三氏のイニシャルを冠したもの。杉山氏のアイデアを形にしたパターが『KSパター』だ。

同パターは、悩み多きゴルファーのために、ゴルフを知り尽くした名匠・杉山氏が、ストロークの安定するパターを開発。具体的には、「重ヘッド・オリジナルセンターシャフト・太グリップ」を採用し、抜群の安定感を誇りながら、まるで手で転がすかのような感覚で、繊細な距離感をだせるという。

ヘッドは、安定感を与えるヘッド長さを長めにしたラージヘッドで、一般的なパターのヘッドより約50gも重いヘッドを採用。形状は、ピン型、ピンワイド型、マレット型の3タイプを用意。ネックは、シャフト軸がソールセンターに抜けるオリジナルのセンターネック形状を採用。構えると分かるが、フェースセンターよりもややヒール側にネックがあるため、センターシャフトでもボールがみえやすいのが特徴的。その結果、安心して構えやすく、距離感の出しやすさも一役買っている。

そして、注目は「アジャスタブルネック」を採用したこと。これにより、ライ角の調整をスムーズに行うことが可能。長さ・ライ角を体格やストロークに合わせて調整可能なのは、ゴルファー目線に立った同社ならではのこだわりといえるだろう。

グリップは、WINN製の太グリップを搭載。手首の無駄な動きを抑制し、ストロークが安定。グリップ重量は一般的な重量帯の65gなので、先述した重ヘッドと相まって、ほどよい感じでヘッドの重さを感じられる。スペックは、ロフト角4度、ライ角71度(68度~74度、※1度ピッチで調整可能)、長さ34インチ(32インチ~37インチ、※0・25インチピッチで調整可能)となっている。

ソールのドットにレインボーカラーを配したスペシャルモデル。ファンにとって、垂涎の商材となりそうだ。

問い合わせはマルマンへ、03‐3526‐9988。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ボールが打てないのがいいスイングの証拠?

  • シリコングリップでさらに飛ばそう!『GGG-S026』を新発売

  • 飛距離追求型ボールの第二弾!「スリクソン X2」を新発売

  • 戦うから、支え合うへ 「その横串の役割を『ハドラス』が提供します!」

関連記事

  • PLAY GOLF EASY フェースのどこに当たっても真っすぐ遠くへ飛ぶ

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • ゴルファーの高齢化は最大の商機 マルマン松下専務の『マジェスティ』戦略

  • 「腕がなけりゃメシは喰えん!」マルマン杉山健三の極意を動画取材

  • 主役は杉山健三の「手」 マルマン『マジェスティ プレステジオ テン』発表

  • マルマン社名変更で「マジェスティゴルフ」誕生