• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 日幸物産から創業50周年記念『DIRETTO Limited』

    編集部
    SNSでシェアする
    日幸物産は10月20日、創業50周年を記念してドライバーヘッド『DIRETTO Limited』を限定数量で発売する。『DIRETO』は同社のオリジナルモデルとして長年販売してきたパーツブランド。イタリア語で「DIRETTO」とは英語のダイレクト。直進という意味から、ドライバーの弾道をイメージして名付けられている。 今回発売されるモデルは『DIRETTO』の高反発バージョンで、フェース素材に「Ti983」を採用。TVCチタンより高強度で加工性が高く、伸び率も非常に高い素材。比重も軽く、素材コストはSP700よりも高価な素材だとか。その「Ti983」を使用することで、フェースの薄肉化に成功。CT値280μs(反発係数0・84相当)で、素材自体の強度の高さからヘッドスピードが50m/s以上のゴルファーでもフェースの割れがない高反発ドライバーだ。 形状はフェース長とフェース高は若干短く低く、芯がぼやけないようにデザイン。しかし、クラウン部が盛りあがっており、ヘッド高は高い。結果、低重心を実現。見た目はコンパクトなディープフェースでも、高い打ち出し角で高弾道を実現するという。「DIRETTO」はその名前通り、直進性に優れたモデルとしてロングセラー商品となっているが、同社の松浦真也社長によると、 「直進性が高いのは、バルジとヘッドの慣性モーメント値が絶妙なバランスだからだと思います」 全国300個限定。工房の差別化商品となるのは間違いない。 問い合わせは日幸物産へ、03-3994―1033。
    タグ
    日幸物産
    地クラブ
    パーツ