1. ニュース
  2. メーカー

『ディアマナ サンプ』が構えやすいデザインに変更

メーカー この記事を書いた人:
 

三菱レイヨンは11月25日、2008年の発売以来ロングヒットとなっている『ディアマナ サンプ』のFW用、ハイブリッド用、アイアン用シャフトのデザインをリニューアルして市場に投入する。今年8月に発売された『ディアマナBF』シリーズよりブランドロゴを一新。それに合わせて新世代にマッチしたデザインに変更。同時に型番も変更する。

そのデザインコンセプトは、これまでシャフトで語られなかった「構えやすさ」を意識したというポイントが特長だろう。さらに、「スチールからの持ち替えでも違和感がない」といった感性に訴える点でも次世代のデザインコンセプトと言って過言ではい。もちろん、ターゲット層であるアスリートの要望を満たす落ち着いたカラーリングを採用し、ポログラムでアクセント効かせている点でも、特筆に値する。

品番変更内容は以下の通り。
■Thump Hybrid t465S(旧品番)→ New Thump Hybrid h90S(新品番)
■Thump Hybrid t465X(旧品番)→ New Thump Hybrid h100S(新品番)
■Thump Iron i465S(旧品番)→ New Thump Iron i95S(新品番)
■Thump Iron i465X(旧品番)→ New Thump Iron i105X(新品番)
尚、価格変更はなし。

問い合わせは三菱レイヨン・ゴルフシャフト部へ、03-6748-7606。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

  • 『 Mグローレ』がドライバー売上6週連続1位 人気のワケとは

関連記事

  • Aozora no saki ni(アオサキ)シャフトを永井プロが試打検証 

  • 思いっきり振るだけで飛ばせるシャフト「マーベリック」を検証 高弾道・低スピンはシャフト任せ

  • 三菱ケミカル「クロカゲXD」を試打検証 安定したスピン量に高いミート率のシャフト

  • 「TOUR AD Uシリーズ」ユーティリティ専用シャフトの実力は?

  • 世界最軽量スチールシャフト「N.S.PRO Zelos 6」を永井プロが検証

  • フジクラ スピーダー TRを永井プロが試打 飛距離と安定性を両立した叩けるシャフト