• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 月刊GEW 6月号でゴルフ業界の「円安事情」を特集

    初の40g台をラインアップ 三菱レイヨン『FUBUKI V』

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする
    三菱レイヨンは2月3日、同社の技術力を結集したテクノロジーブランドFUBUKIに『FUBUKI V』シリーズを追加発売する。飛距離特化型のVシリーズは、FUBUKI初となる40g台をラインアップ。従来以上に幅広いゴルファーをターゲットに据えている。 Vシリーズに搭載されたのが、新テクノロジー「Impact Stabilizing Technology(インパクトスタビライジングテクノロジー)」なるもの。従来の剛性分布による設計だけに留まらず「重量分布と剛性分布のコンビネーション」に注目し、インパクト時の挙動を最適化。インパクトの衝撃による飛球線方向と逆方向にヘッドを押し戻す力の影響を最小化しているという。これによって、スイングパワーを余すことなくボールスピードに変換できる新設計のテクノロジーだとか。 今回の40g台シャフトのラインアップは、フレックスLITE、R、SR、Sの4種類で、50g台はR、SR、S、X、60g台はSR、S、X、70g台はS、Xとなっている。FUBUKIが誕生して8年目。技術結集型ブランドとして40g台を追加し、幅広いゴルファーに対応していく。新たな愛用者を生む環境は整ったようだ。 問い合わせは三菱レイヨン・ゴルフシャフト部へ、03-6748-7606。
    この著者の記事
    『GOLF NEXT 24』のワイムシェアリングがスコアエントリー方式の 復興支援チャリティコンペが開催中
    2024年06月18日
    この著者の記事
    マイカスタム第10回 高反発と低振動シャフトで飛距離への執着を捨てた
    2024年06月01日
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    この著者の記事
    スチールファイバーシリーズにUT専用が登場
    2024年05月11日
    → もっと見る
    タグ
    シャフト
    三菱レイヨン
    地クラブ
    パーツ