1. ニュース
  2. メーカー

米ツアーで人気急騰の『ハザーダス』を本格投入

メーカー トゥルーテンパー 片山三将
ハザーダス

トゥルーテンパースポーツインクジャパンは先頃、USPGAツアーで使用者が急増中という『プロジェクト X ハザーダス』にアベレージゴルファーに最適というウッド用カーボンシャフト『ハザーダス レッド』を新たに追加した。『ハザーダス』は昨年から『ブラック』と『イエロー』を同社特約店で限定発売していたが、今回の『レッド』の追加を機に全3機種を本格投入するもの。

“非常識な打ち出し速度、非常識な飛距離”を訴求する『ハザーダス』は、コントロール性を維持しながら飛距離性能を進化させたというモデルで、既存の『プロジェクト X グラファイト』を超える性能というだけに大きな期待が持てそう。

『ハザーダス・ブラック』は、ティップ部とバット部を硬めに設計して低スピン化を実現、多くのUPSGAツアープレーヤーが使用中のモデル。また、『ハザーダス・ブラック』を一般ゴルファー向けにカウンターバランスに調整したというのが『ハザーダス・イエロー』だ。『ハザーダス・ブラック』よりも速い初速が特長で、長尺や重ヘッドのクラブにも対応可能という。

そして、今回発売された『ハザーダス・レッド』はティップ部を若干ソフトにすることで『ハザーダス・ブラック』の安定感に飛距離性能を加えたもので、同社では安定感と飛距離を求めるアベレージゴルファーに最適と謳っている。

プロ・上級者などハードヒッター向けの『ハザーダス・ブラック』、一般ゴルファー向けの『ハザーダス・イエロー』、そして『ハザーダス・ブラック』の安定感に飛距離性能を付加してアベレージゴルファーでもやさしく飛ばせる『ハザーダス・レッド』と、それぞれ特徴が異なる3機種がラインアップされたわけだ。

トゥルーテンパーは『ダイナミックゴールド』や『プロジェクト X』など世界NO.1のアイアン用スチールシャフトメーカーというイメージが強いが、実はUSPGAツアーではウッド用カーボンシャフトでも高い使用率を誇っている。同ツアープロが好むテクノロジーが随所に搭載されたのが『ハザーダス』ともいえるので、USPGA御用達ドライバーを愛用するゴルファーは、一度その相性を試す価値がありそうだ。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

ハザーダス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 今年のテーマはスエット!キース・へリングゴルフ

  • 小スペースの店舗にピッタリの出幅の出ない什器Club Hook Series

  • シャフトと振動数のマッチングを図れるPerfect Pro Grip

  • AERO SPARK TEE、ティーでボール初速アップを実証

関連記事

  • アオサキのスピンオフモデル『AKEBONO』

  • USPGA使用率3割強を誇る『プロジェクトX ハザーダス』

  • 小さなパワーで大きく飛ばせる高弾道設計『Royal EZONE Extra Specドライバー』

  • ジュニアゴルファーの成長をサポート『バネインソール ジュニア』

  • スコッティ・キャメロン『スペシャルセレクト』新登場

  • フェースもボディも、やさしさはシリーズ最大級のMAVRIK MAX