1. Aデザインからウエッジ『A GRIND V2』と次世代キャビティ『A GRIND A-CB』

Aデザインからウエッジ『A GRIND V2』と次世代キャビティ『A GRIND A-CB』

 2017/04/07 メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 1,532 Views
Aデザイン ウエッジ

『A GRIND V2』ウエッジは同社の顔となる商材。初代は初年度3000個以上を販売したヒット商品だ。その2代目となる『V2』は、よりボールが吸い付くような打感を追求する目的で、フェースミーリングとスコアライン彫刻を機械で施すため、山陽特殊鋼社製(兵庫県姫路市)のS25Cを採用。加工と打感の融合を狙い、炭素含有量が0・24%の材料のみを使用したというこだわりのウエッジだ。

初代モデルからバウンスとFPを見直し、ロフトバリーションを増やすことで、昨今トレンドとなっているストロングロフトのアイアンとの流れにも対応。クラシックなティアドロップ形状でミーリングフェースと彫刻スコアラインによって強烈なスピンを生み出すという。仕上げはノーメッキとニッケルクロムの2種類から選択可能。ロフトバリエーションは、48度から60度まで2度刻みで7ロフトを用意している。価格はヘッド単体で2万4000円。

また同社は4月下旬、ストロングロフト設計のアイアン『A GRIND A-CB』を発売した。重心をフェースセンターに配置することで、オフセンターヒットに強くヘッドの安定性が向上。軟鉄鍛造アイアンのワンピース構造でソリッドな打感を実現している。形状はやや小ぶりで厚めのブレード。ストロングロフト設計の次世代キャビティアイアンという位置づけだ。

ロフト角の構成は、#4(22度)、#5(25度)、#6(28度)、#7(32度)、#8(36度)、#9(40度)、PW(45度)。価格はヘッド単体で1万8000円。

問い合わせは販売代理店テイクスインクへ、045―949―8001。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

Aデザイン ウエッジ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 賞金女王が絶賛 鈴木愛も認めたピンの飛び系『G700アイアン』

    • 12人中11人のヘッドスピードがアップしたエスティバンゴルフ試打会

    • PXG初の数量限定パター『バットアタック・ダークネス』登場。気になる価格は?

    • ゴルフで「まちおこし」は出来るのか、国産アイアン発祥の地 市川町の挑戦

    関連記事

    • 『CB-2008』にベストマッチの『MG-M01』ウエッジ

    • バックラインじゃない、アライメント機能を搭載した『ALIGN』

    • PXGの『X』シリーズが6月発売予定!

    • スーパーストロークに新シリーズ『PISTOL GTR』

    • パター用カーボン『MC Putter』登場

    • KBSから初のカーボン『KBS TOUR HYBRID PROTOTYPE』