1. ニュース
  2. メーカー

「もっとヤバイ」リベンジモデル『RS2017』の中身

メーカー プロギア 浅水敦

リベンジモデルのお披露目は5月15日、都内の日比谷ドライビングレンジで報道陣を招き行われ会場にはあの音が流れていた。

「ギリギリ、ギリギリ」――。

錆びた耳障りなあの音は聞く者に強い印象を残す。「こんどのギリギリは、もっとヤバイ。」R&Aの関係者が会場にいたら、怒りで紅潮していたはずだ。

当日の主役は6月発売の『RS2017』(8万円)。周知のように昨年12月、『RS‐F』が規則違反となったプロギアは回収と廃棄を余儀なくされた。

6000個超のヘッドはプレス機で無残に押し潰され、四角い塊となって捨てられた。その姿を目の当たりにした山本眞司副社長は、

「決して忘れられない光景です」と唇を噛み締める。

その後継機種が『RS2017』ドライバーで、リベンジモデルの位置づけだ。

会場に流れるプロモーションビデオは前作のイメージを踏襲しており、社内では賛否が分かれたが「もっとヤバイ」と開き直った。

同社は『egg』と『RS』を隔年発売しており、今年は「egg年」のはずだったが、『RS‐F』の発売から10ヶ月の突貫作業で後継機種を完成させた。

計測器を備えた試打席11室を借り切って、報道陣に試打を促がした。反発係数と高初速エリアの限界に挑んだ適合品という触れ込みで、ドローとフェードヒッター向けの2タイプ。

初年度の販売目標は2万5000本と強気の設定。

壁面には軽食が並べられていた。

なお、動画では、商品開発責任者の山本眞司副社長が登場。
登壇者:PRGR山本眞司副社長


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 直進性に優れる、曲がらない世界初! 9軸シャフト『MX-9』

  • 高機能・お手頃価格でアマゾン売上1位のレーザー距離計「VPRO500S」「ULTX-800」

  • レジェンズツアー使用率22%の「WAOWW(ワオ)」に待望のUT登場

  • 累計販売数600台を突破!『Swingbetter-PRIZM』が選ばれる理由

関連記事

  • プロギア、人事異動のお知らせ

  • 横浜ゴム、日比野公良理事がプロギア代表取締役社長に就任

  • 非常識のデパートPRGR『egg』 短尺が合うゴルファーを動画で解説

  • ギリギリ第3弾、プロギア新RSドライバーはなぜ飛んで曲がらないのか?

  • 「ギリギリ、全開。」新たな高初速へ プロギアが新RSシリーズを7月13日に発売

  • 日本に2台だけ!PRGR(プロギア)のサイエンスフィットが凄すぎる