• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 三浦技研、MGとマッチするアイアン型ユーティリティ『ICL-601』を発売

    吉村真
    1974年1月22日生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国...
    SNSでシェアする
    三浦技研はこのほど、同社アイアンのシリーズ「MG」とのマッチングを考慮したアイアン型中空ユーティリティ『ICL-601』を発売する。 ヒールからトゥに向かって扇形に広がった形状がボールを確実に捉まえ、イメージ通りの強い弾道を実現するという。中空構造とソールに配置したビスによる、深・低重心設計で、標準装備のビスは8gだが、オプションで4g、6g、10g、12gを用意してあることから、アイアンからの流れを考慮した重量調整も可能だ。 また、フェースは米カーペンター社の455カーペンター鋼を採用し、高い反発力で200ヤードを積極的に狙っていけるユーティリティに仕上がっているという。 番手/ロフト/ライ角/重量(標準8gビス装着時)は、18=ロフト角18度/ライ角59度/重量232g、20=20度/59.5度/238g、23=23度/60度/244gと3番手のラインアップだ。 MGとマッチするアイアン型ユーティリティ『ICL-601』を三浦技研が発売 この数年、三浦技研は鋳造に挑戦している。それについて、次のように説明している 「鋳造製法には学ぶべき点が沢山ある。それを知ることで、鍛造を進化させたい」  今年40周年を迎えた三浦技研。世界展開を加速していく中での新たな挑戦が続いている。
    この著者の記事
    番手ごとの正しいアドレスが習得できる『Wellstance』を永井プロが徹底検証
    2024年04月11日
    この著者の記事
    PXG初の旗艦店「PXG AOYAMA」にQPさんとフェンシング日本代表ストリーツ海飛氏が突撃 『BLACK OPS』でフィッティングしたら330ヤード越え!
    2024年03月26日
    この著者の記事
    マイカスタム第8回 硬いシャフトで操作しすぎ 仕事をしてもらえるシャフト
    2024年03月16日
    この著者の記事
    球がネジれないカムイプロ集大成の『TP-XI』を永井延宏プロが徹底検証
    2024年03月05日
    この著者の記事
    ゴルフ5リコパ川崎店オープン
    2024年02月28日
    → もっと見る
    タグ
    ユーティリティ
    三浦技研