1. ニュース
  2. メーカー

三浦技研、MGとマッチするアイアン型ユーティリティ『ICL-601』を発売

メーカー 吉村真
MGとマッチするアイアン型ユーティリティ『ICL-601』を三浦技研が発売

三浦技研はこのほど、同社アイアンのシリーズ「MG」とのマッチングを考慮したアイアン型中空ユーティリティ『ICL-601』を発売する。

ヒールからトゥに向かって扇形に広がった形状がボールを確実に捉まえ、イメージ通りの強い弾道を実現するという。中空構造とソールに配置したビスによる、深・低重心設計で、標準装備のビスは8gだが、オプションで4g、6g、10g、12gを用意してあることから、アイアンからの流れを考慮した重量調整も可能だ。

また、フェースは米カーペンター社の455カーペンター鋼を採用し、高い反発力で200ヤードを積極的に狙っていけるユーティリティに仕上がっているという。

番手/ロフト/ライ角/重量(標準8gビス装着時)は、18=ロフト角18度/ライ角59度/重量232g、20=20度/59.5度/238g、23=23度/60度/244gと3番手のラインアップだ。

MGとマッチするアイアン型ユーティリティ『ICL-601』を三浦技研が発売

この数年、三浦技研は鋳造に挑戦している。それについて、次のように説明している

「鋳造製法には学ぶべき点が沢山ある。それを知ることで、鍛造を進化させたい」

 今年40周年を迎えた三浦技研。世界展開を加速していく中での新たな挑戦が続いている。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

MGとマッチするアイアン型ユーティリティ『ICL-601』を三浦技研が発売

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • Golf Prideの豊富なラインアップでゴルファー別の悩みを解決する

  • 打感打音がちょうど良い『TP-Xnitrogen』ドライバーを試打!飛距離性能もアップ

  • 三浦技研の新理論『9ポジションフィッティング』を解説

  • 6代目『スピーダーエボリューション Ⅵ』安定したインパクトと飛距離を生むシャフト

関連記事

  • 三浦技研 2019 Webカタログ

  • 三浦技研 2018 – Webカタログ

  • 三浦から限定パター300本

  • CBをおしゃれに!『ジュエルネームタグ』発売

  • キャロウェイ、「New LEGACY」シリーズ発表会を開催

  • スコアバレッタ第2弾はハートモチーフでキュートに!