1. ブリヂストンスポーツと共同開発したゴルフボール、『レイグラデ ビッグ ディスタンス ボール』

ブリヂストンスポーツと共同開発したゴルフボール、『レイグラデ ビッグ ディスタンス ボール』

 2017/07/18 メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 2,214 Views
レイグラデ ビッグ ディスタンス ボール

テイクスインクは8月10日、ブリヂストンスポーツと共同開発したツーピースゴルフボール『レイグランデ ビッグ ディスタンス ボール』を発売する。

『レイグランデ ビッグ ディスタンス ボール』はソフトな打感と高反発コアを採用したツーピース構造で、ドライバーショットでは爽快な打感と大きな飛距離が魅力。カバーにはアイオノマーカバーを採用した2ピース構造で、ボールコンプレッションは約75、ディンプルは372個がデザインされている。

ターゲットは飛距離を求めるゴルファーで、これからゴルフを始める初心者からアベレージゴルファーまでに展開。

そのため、『レイグランデ ビッグ ディスタンス ボール』は、1箱15個入りのサービスパックとなっており、ボールをなくしがちな初心者からアベレージゴルファーには嬉しいパッケージとなっている。

レイグラデ ビッグ ディスタンス ボール

また同様の理由からか、ボールのカラーはイエローとオレンジで、ラフなどでも目立つので探しやすくなっているところも初心者におすすめ。

実勢売価は2000円前後(オープン価格)。
問い合わせはテイクスインクへ、045-949-8001。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

レイグラデ ビッグ ディスタンス ボール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 賞金女王が絶賛 鈴木愛も認めたピンの飛び系『G700アイアン』

    • 12人中11人のヘッドスピードがアップしたエスティバンゴルフ試打会

    • PXG初の数量限定パター『バットアタック・ダークネス』登場。気になる価格は?

    • ゴルフで「まちおこし」は出来るのか、国産アイアン発祥の地 市川町の挑戦

    関連記事

    • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

    • タイトリストのトップ、ユーライン社長はボール飛距離制限に反論

    • USGA CEOマイク・デイビス氏がゴルフボールの飛距離増大の影響について語る

    • 「プロの試合のゴルフボールを標準化するとき」 ブリヂストンゴルフCEOが提案

    • ボルビック、カラーボールが英国で大ヒット

    • ウイルソン、新製品ソフトゴルフボール発売