1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. 全英制覇のジョーダン・スピース、グリップは14本全てスーパーストローク

全英制覇のジョーダン・スピース、グリップは14本全てスーパーストローク

悲願の全英オープン制覇を成し遂げたジョーダン・スピース。その14本すべてに装着されているのが、近年ツアーでも勢いを増しているスーパーストローク。

スイングクラブには『S-Tech』(黒、写真は青)、そしてパターには『FLATSO1.0』を装着し、通算11勝目、メジャー2勝目となる価値ある勝利を成し遂げている。

スーパーストロークが知名度を上げたのは日米のツアーで使用され、その独特の極太グリップが多くの勝利に貢献したことでメディアに取り上げられることが多くなった。

パター用の多層構造グリップが独特の柔らかさと、太さによる手首の余計な動きを抑制する特性がプロ・アマ問わず、多くのゴルファーに受け入れられている。

最近ではパター用グリップのサイズバリエーションも増加し、様々なゴルファーに受け入れられるとともに、ラバー製スインググリップ『S-Tech』、多層巻きウレタン系スインググリップ『クロスコンフォート』もラインアップし、パター用だけではなくスインググリップも脚光を浴びている。

今回のジョーダン・スピースの全英制覇によって、さらに注目されそうだ。

商品の問い合わせは販売代理店スポーツティエムシーへ、03-3769-5021。
スーパーストロークwebサイト

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 匠ジャパンの2in1パターの実力を最新のパッティングトレーニングシステムで検証

  • EZONE CB701でヨネックス林田草樹社長が真剣勝負 5番アイアンで200ヤード狙える

  • ミズノプロに『 319 』と『 719 』が追加! 全6タイプの選び方

  • ピン上半期売上2.1倍のなぜ? 岡田健二副社長が動画で語る

関連記事

  • パーフェクトプロのグリップで85歳が199ヤード 「高齢者の手指にとても優しい」

  • ワークスからパーフェクトプロに新色登場

  • 初のウレタン系クラブグリップ『CROSS COMFORT』

  • 凸凹グリップ『スパイラル プラス』登場

  • イオミック iXx グリップを徹底検証! その評価は?

  • ウィングリップ、ラージサイズキャンペーンを開催