1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. 大人ゴルファーに薦めたい『ゼクシオ』のスパイクレス

大人ゴルファーに薦めたい『ゼクシオ』のスパイクレス

スパイクレスシューズが人気だ。ゴルフシューズは従来、グリップ力の強いスパイクタイプが主流だった。しかし、シューズメーカーの開発努力により、スパイクに負けないグリップ力を持つスパイクレスが続々登場、スパイクと市場を二分する勢いを見せている。

グリップ力の進化以外にも、スパイクレスの人気を押し上げる理由はいくつかある。値ごろ感やスニーカー感覚の軽い履き心地が受ける一方、カジュアルなデザインのものが多いので、昨今のゴルフウエアとのコーディネイトのしやすさも人気の秘密だ。

特に、ライトに着こなしたい夏場の装いとの相性はよく、少し軽めのホワイトの動きも好調という。
 
そんな中、ダンロップスポーツマーケティングは先頃、アシックスとのコラボ第2弾のスパイクレス『GEL-TUSK 2 Boa』(ゲルタスク 2 ボア)』を発売した。

このモデルも御多分に漏れず、グリップ力と快適性をセールスポイントにするが、デザインはカジュアル路線とは趣きが異なるクラシックタイプ。カジュアル過ぎない、大人ゴルファーの凛としたクラシックスタイルとの相性も良さそう。『ゼクシオ』クラブやボールの愛用者も気になるスパイクレスになりそうだ。

足元の乱れの解消と快適な履き心地

先述の通り、このモデルはグリップ力と快適性がセールスポイント。前作から継承する「TUSKSOLE」(アウトソール)がインパクト直前のグリップ力を高め、ヘッドスピードアップをサポートするという。また、4Eウイズと幅広でやわらかい人工皮革を使ったアッパーが、足とシューズの一体感を促進するとのこと。足元の乱れの解消と快適な履き心地。大人ゴルファーが気になるポイントを抑えた商品に仕上げている。

同モデルのサイズは24.5~28.0cm(メンズ、8サイズ)で、重さは約325g(片足26.5cm)。カラーはホワイト×ブラック、ブラック×ブラックの2機種。価格は1万9000円(税別)と一般的なスパイクレスよりも高額だが、『ゼクシオ』のバリューとアシックスのこだわりのモノ作りの融合は、充分に付加価値となりそうだ。

ダンロップスポーツ
2017年版製品カタログ

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説

  • パーフェクトプロのグリップで85歳が199ヤード 「高齢者の手指にとても優しい」

  • 3番手飛ぶ『インプレス UD+2』は練習嫌いなゴルファーへ

  • ゴルファーの高齢化は最大の商機 マルマン松下専務の『マジェスティ』戦略

関連記事

  • 【検証】ダンロップのシャフトフィッティングでスライス癖は直せるのか

  • ダンロップ、決算説明会で市場牽引を宣言

  • ヨネックスからスマートなスパイクレス

  • ダンロップ、社会人ゴルファーの活性化目指す

  • 『ゼクシオ LX』の購入者へ古閑記者のオリジナルマーカープレゼント

  • 勝みなみ「世界一、愛されるプロになる」。ダンロップスポーツと用品契約