1. ニュース
  2. メーカー

スーパーストロークに新シリーズ『PISTOL GTR』

メーカー 吉村真
スーパーストローク

スーパーストロークグリップの日本輸入販売代理店のスポーツティエムシーは4月、スーパーストロークブランドより新たなシリーズとして『PISTOL GTR』を発売する。

『PISTOL GTR』は、昨年発売してツアーでも高評価のピストル形状をベースにノンテーパーテクノロジーを融合させた『PISTOL GT』の形状で、芯材にラバーを採用することで、インパクトのフィードバックをより鮮明にしたグリップという位置づけだ。

ラインアップは『PISTOL GTR TOUR』(重量65g±5g、横幅約25mm、長さ10・5インチ、カラー/ブラック、芯材/ラバー)、『PISTOL GTR 1.0』(重量82・5G±5G、横幅約27mm、長さ10・5インチ、カラー/レッド、芯材/ラバー)、そして『PISTOL GTR 2.0』(重量50g±5g、横幅約30ミリ、長さ10・5インチ、カラー/ネイビー、芯材/バイキャストポリフォーム)の3機種。

特に『PISTOL GTR 2.0』は、芯材にバイキャストポリフォームを採用しており、『PISTOL GT 2.0』より20gの軽量化に成功。同『GT』シリーズと合わせて、様々なニーズに対応できるラインアップとなっている。

問い合わせはスポーツティエムシーへ、03―3769-5021。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

スーパーストローク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ミズノプロ モデルEとSを試打 HS42m/sでも250ヤード飛んだ理由とは? 

  • お父さん、お母さん、ありがとう。ヨネックス契約会見で石井理緒と山口すず夏が手紙朗読

  • 世界のプロツアーで距離計測器は使用禁止に!

  • ミズノプロにドライバー登場 原英莉花が飛距離1位宣言

関連記事

  • 顧客満足度を高めたグリップ交換会の成功事例

  • はしご型のグリップはソフトに握れてミス軽減?『LADAR GRIP(ラダーグリップ)』を永井プロがテスト!

  • ゴルフプライド『CP2™』の柔らかさが凄い! ケガや故障、シニアゴルファーにも最適!?

  • パーフェクトプロのグリップで85歳が199ヤード 「高齢者の手指にとても優しい」

  • グリップ交換でスコアアップ 性能差競う各社の実力を検証

  • PUREグリップとROYALグリップの実力は?話題のグリップを永井プロが検証!