1. ニュース
  2. メーカー

PXGのXシリーズが6月発売予定!

メーカー PXG 吉村真
PXG

『PXG』の日本正規代理店であるグランド・ヒルズは6月、新たなシリーズとなる『X』シリーズの発売を予定している。ラインアップはドライバー『PXG 0811X』、『PXG 0811LX』(軽量モデル)、FW『PXG 0341X』、ハイブリッド『PXG 0317X』の4機種だ。

ドライバーからハイブリッドまで共通する特徴は、これまでのアイアン『PXG 0311』などに注入されていた熱可塑性エラストマーを、ソール内部にハニカム構造で配置した「TPEハニカム構造」を採用したことだろう。各ヘッド自体の振動減衰性を高め、打球音、打感を向上させているという。さらに、クラウン後方にはカーボンクラウンを採用。余剰重量を生み出し、PXG独自の精密重量可変システムとの相乗効果でスピン量とヘッド重量、重心位置などの調整が可能となっている。

特にドライバー『PXG 0811x』と『PXG 0811LX』(軽量モデル)は、「コンプレックス・バリアブル・フェース・デザイン」を採用。いわゆる偏肉構造で、フェース面の強度UPや軽量化のほか、重心位置や慣性モーメントの向上に寄与しているという。そしてドライバーにおけるカーボンクラウンは、それ自体が8・4gで余剰重量を14g生み出している。ソールへの重量再配分によって、低重心と最適な打ち出し角を得ているという。

もちろん、同社独自のロフト各可変システム「プレシャス・フィット」も搭載されており、フィッティングにおけるゴルファーへのバリエーションも提供している。

各クラブのロフト角ライアンアップは、ドライバー『PXG 0811x/LX』が9度、10.5度、12度を用意。FW『PXG 0341x』が、2W(13度)、3W(15度)、5W(17度)、7W(19度)。ハイブリッド『PXG 0317』は17度、19度、22度、25度、28度の5ロフト角をラインアップしている。

商品の問い合わせはグランド・ヒルズへ、03―6452-3407。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

PXG

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 技術、数値管理、継承ーー。ゴルフギャレーヂの神髄がここにある

  • 飛ばさせ屋日本一はサラリーマン,「第3回飛距離アップレッスン日本一決定戦」

  • セルフ時代の新たな相棒 ゴルフウォッチとスマートウォッチの融合

  • アーティザンの挑戦 ~セカンドステップの密着ルポ~

関連記事

  • PXG二世代目のアイアン『GEN2』は初代と何が違うのか?

  • PXG初の数量限定パター『バットアタック・ダークネス』登場。気になる価格は?

  • PXG創業者ボブ・パーソンズ来日、日本のゴルフ市場と松山英樹ついて語る