1. 世界初? ウレタンカバーの高反発ボール『極』

世界初? ウレタンカバーの高反発ボール『極』

 2017/04/04 メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 252 Views
ウレタンカバーの高反発ボール『極』

同社は2015年6月に設立。中古チェーンのプライベートブランド(PB)の開発に携わった土場信慶氏が、PBでは難しかった開発の制限を超えて商品を作りたいという想いで企業。今回の『極プレミアム』はボール製造工場と一から作ったボールだという。

「市場を見渡せば高反発ボールが一定の市場を作っていますが、その中にアプローチでも止まることを謳うボールがありませんでした。それでウレタンカバーの3ピース構造で、飛んで止まる高反発ボールを作りたかったのです。製造工場の協力も大きく、『市場ではどのようなボールが求められているのか?』という工場側の調査も兼ねていたことからオープンの金型を使用せず、金型製作からスタートしています。とはいえ、当社だけで金型の費用を賄えないので、いわゆる留め型ではありませんね」

ボールは特許の塊と言われ、ボールの開発には大手ボールメーカーの特許に抵触しないことが求められる。「開発期間は1年10ヶ月です。4パターンのプロトタイプから開発はスタートして、昨年11月からテスト販売を開始。今年1月に本格的な販売を開始しました」

低ヘッドスピード(HS30~42m/s)領域のゴルファーを対象とした『極プレミアム タイプゴールド』と高ヘッドスピード(HS40~45m/s)のゴルファーを『極プレミアム タイプホワイト』はともに、最外層にスピードウレタンカバー、中間層に高反発テックインナーカバー、コアにハイスピードGRコアを搭載。ディンプルは312高弾道ラージエアロディンプルを採用している。

現在同社は、『極プレミアム』シリーズの販売店を募集している。ウレタンカバーの3ピース高反発ボールは、同社が世界初と謳うだけに、新たな集客アイテムとなりそうだ。

問い合わせはイデアジャパンへ、03―6423-9113。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

ウレタンカバーの高反発ボール『極』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 賞金女王が絶賛 鈴木愛も認めたピンの飛び系『G700アイアン』

    • 12人中11人のヘッドスピードがアップしたエスティバンゴルフ試打会

    • PXG初の数量限定パター『バットアタック・ダークネス』登場。気になる価格は?

    • ゴルフで「まちおこし」は出来るのか、国産アイアン発祥の地 市川町の挑戦

    関連記事

    • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

    • タイトリストのトップ、ユーライン社長はボール飛距離制限に反論

    • USGA CEOマイク・デイビス氏がゴルフボールの飛距離増大の影響について語る

    • 「プロの試合のゴルフボールを標準化するとき」 ブリヂストンゴルフCEOが提案

    • ボルビック、カラーボールが英国で大ヒット

    • ウイルソン、新製品ソフトゴルフボール発売