1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. 『CB-2008』にベストマッチの『MG-M01』ウエッジ

『CB-2008』にベストマッチの『MG-M01』ウエッジ

三浦技研ウエッジ

三浦技研は4月20日、MGシリーズ初の複合アイアン『CB―2008』と親和性の高いハーフキャビティ『MG―M01』ウエッジを発売する。ミディアムサイズのソール幅を持たせたウエッジで、MCW加盟店で販売を開始する。

ストロングロフト化に伴うヘッドの大型化に適したセミラージサイズを採用し、バックフェース側に設けたキャビティ形状は打感を損なうことなく、キャビティ部分が生み出した20gの余剰重量を、ソールとインパクトスポット後方へ配分。深重心化してボールの上がりやすさを向上。また、セミグースネック設計で、『CB―2008』を始め、多くの大型・複合ヘッドとの親和性を高めたという。

さらに、理想とするインパクトスポットに対して、真っ直ぐ後方部分を最も肉厚になるようトレーディングエッジの位置をデザイン。分厚いインパクトを実現したという。加えて、フェース面にはCNC平面加工を施して平滑度を高め、さらにスコアラインを彫刻加工で入れることにより、軟鉄鍛造の打感に加えて強烈なスピン性能を有するウエッジに仕上がったという。ロフトラインアップは、50度、52度、56度、58度の4種類。価格はヘッド単体で2万円。

問い合わせは三浦技研へ、0790―26―0773。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

三浦技研ウエッジ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 匠ジャパンの2in1パターの実力を最新のパッティングトレーニングシステムで検証

  • EZONE CB701でヨネックス林田草樹社長が真剣勝負 5番アイアンで200ヤード狙える

  • ミズノプロに『 319 』と『 719 』が追加! 全6タイプの選び方

  • ピン上半期売上2.1倍のなぜ? 岡田健二副社長が動画で語る

関連記事

  • 『ウィン PRO X』に新カラー・新サイズ登場

  • BUCHIから『VS200+キャビティー』と『VSW―16』が発売

  • 三浦技研初の鋳造ウエッジを発売

  • 『ロッディオ』2016年ニューモデル続々

  • 使い手に合わせて染まるミウラ『CB-1008』

  • 優しさをプラスした本格派UT『AグラインドユーティリティタイプD』