• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • プロギアが高反発ドライバー第2弾金eggを発表。副社長自ら性能を実証します

    浅水敦
    1971年東京(板橋区)生まれ、埼玉育ち。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開発営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)...
    SNSでシェアする
    「高反発メーカー」の色を鮮明に打ち出すプロギア。同社は9月、新作の『金egg』でドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティと、すべてのモデルを高反発に統一して発売する。さらにゴルフ規則で規定される「初速制限値」を超える『eggボール』を10月中旬に投入するなど、一気呵成の様相だ。 「たわみをフェースに集中させる構造の『新パワーフランジ』を採用した結果、ドライバーの高反発エリアを前作比で30%拡大することに成功しました。フェース等の薄肉化を含め、前作を上回る飛距離を実現しています。(規則違反は)悪ノリ? そんなつもりはありません。当社の使命はゴルファーのスマイルを生み出す開発であり、今回の『金egg』はまさにスマイルを提供するクラブです」 同社の山本眞司副社長は、自信満々にそう話す。ターゲットはシニアゴルファーで、ギリギリの薄肉構造であることから「ヘッドスピードが43m/s以上のゴルファーは打たないでください」と制限を設けている。

    山本眞司副社長が『金egg』の飛び性能を自ら実証

    一方の『赤egg』については「ルール限界の高初速」が謳い文句。こちらも『金egg』同様フランジとフェースを見直すことで、飛距離性能がアップしたとか。 プロギアは新『egg』シリーズで20億円を目論むなど強気の姿勢を見せているが、山本副社長は「まっとうな数字です」とさらりと言った。 動画は8月初旬に都内で行われた発表会の様子を収録したもの。近日中に山本副社長のインタビュー動画をアップする予定。
    この著者の記事
    クレイジーの新作『AVIS(アヴィス)』シャフトを永井延宏プロが徹底検証
    2024年05月23日
    この著者の記事
    熱中症からゴルファーを守る! WBGT環境測定値をクラウドで一元管理 『SisMil(シスミル)』
    2024年05月19日
    この著者の記事
    PGMがティーマークの呼称を カラーネーミングに統一
    2024年04月28日
    この著者の記事
    『ステップゴルフプラス町屋駅前店』 グランドオープン
    2024年04月27日
    この著者の記事
    もうセルフスタンドバッグはいらない!? 『スマートフォーク』でPLAYFAST
    2024年04月21日
    → もっと見る
    タグ
    プロギア
    egg